Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

中居正広と木村拓哉、和解に向かっている? 会食を打診か

2017年07月29日 20時20分46秒 | 国内ニュース






元SMAPの中居正広(44)と木村拓哉(44)。昨年の独立騒動をめぐり、修復不可能なほどの絶縁状態とまでいわれていたが、ここに来て2人が和解に向かっているという情報が出ているのだ。いったい何が起きているのか。

 中居と木村は、ともに事務所残留を表明している。そのことが、新たな火種となっているとの情報が飛び交っていた。

 「これまでは先に残留を決めていた木村が幹部候補として挙がっていましたが、中居残留で状況は一変しています。ゴールデンタイムのMC番組を3本抱えるなど稼ぎ頭である中居も幹部候補と目されるようになったため、木村にとっては面白くない状況です」とスポーツ紙記者。

 中居にとってはSMAP独立を妨げた裏切り者の木村。木村にとっては自分の地位を脅かす中居。2人の溝はさらに深まっているとみられていたところに、にわかに和解情報がささやかれるようになったのだ。

 「さまざまな情報が流れていますが、共通しているのは、中居が木村に会食を打診したということです。中居にとっては同じグループで四半世紀やってきたメンバーが、同じ事務所にいるのに交流もないのは、今後の活動においてマイナスでしかないという腹づもりのようです」と芸能プロダクション関係者。
 ただ、この情報については懸念ものぞかせる。

 「情報が、それぞれにとって都合のいい形で流されている。つまり木村に近いところからは、中居が木村にすり寄ってきたという見立てになっている。一方、中居に近い筋からは、映画も思うほどの結果を出せず後のない木村にとってプラスになる動きだという話になっている」

 しかし別の芸能関係者は、別の理由を挙げる。

 「中居が事務所に残留するのは1年間とも言われている。その後は独立して香取らと合流するとも。中居の最終的な希望はSMAPの復活ですが、そのためには木村の存在は欠かせない。なので事務所にいる間に、木村とのパイプを復活、構築させておく必要があるのです」

 この和解、独立組の3人にとっては朗報となるのだろうか。


『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブホテルの謎 なぜ廃墟にな... | トップ | 山本大臣またトンデモ発言 「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む