Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

仏リヨンの美術館で19世紀の王冠盗まれる、1億円超の価値

2017年05月14日 20時01分34秒 | 世界のニュース



フランス中部リヨンの美術館から1800個近くもの宝石がちりばめられた19世紀の王冠が盗まれた。被害に遭ったフルビエール美術が13日、明らかにした。

 同美術館によると、窃盗犯らは12日深夜から翌未明にかけて「高度なセキュリティーシステム」の突破に成功し、館内に侵入。最も重要な展示品である聖マリアの王冠「クラウン・オブ・ザ・バージン」や指輪、杯を奪って逃走した。

 盗まれた王冠は1899年に作られたもの。当時のリヨンの富豪らが寄贈した宝石と真珠1791個が施されており、その価値は100万ユーロ(約1億2000万円)以上とされる。美術館によれば、冠の宝石については昨年に研究チームが労苦を惜しんですべて記録をとっており、これが捜査の助けになると期待される。(c)AFP

『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受刑者が病院で立てこもり、... | トップ | ギリシャ第2の都市近郊で列車... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む