Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

野際さん最期は「安らかな、幸せそうな顔」 娘・真瀬樹里が天国の母に誓う

2017年06月16日 08時23分33秒 | 国内ニュース




 女優の野際陽子さんが13日午前8時5分、肺腺がんのため81歳で亡くなった。15日夜、野際さんの長女で女優・真瀬樹里(42)が所属事務所と自身のフェスブックを通じて関係者、ファンに感謝の言葉を伝えるとともに「多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております」と思いをつづった。

 真瀬は訃報の報告とともに「3年前に肺腺がんが発覚し、先月5月8日、肺炎を併発し入院してから1ヶ月強、一進一退を繰り返しながら必死に闘い抜きました」と、これまでの経緯を明かし「2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病でした」と病と闘い続けた野際さんの様子を伝えた。

 野際さんの最期については「親族やスタッフに見守られ、抱きしめる私の腕の中で天国へ旅立ちました」といい「今まで母を応援して下さった皆様、お世話になった仕事の関係者の皆様、本当にありがとうございました」と感謝。

 「多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております」と思いを記し「母と、母の遺した作品を、どうかこれからも忘れずに愛し続けて頂けたらと存じます」と呼びかけた。

 また、自身のフェイスブックでも「安らかな、幸せそうな顔に見えました…」と最期の様子を明かすと「私は心の整理ができるまで、どれほどの時間がかかるか今はまだ分かりません。ですが、母の一番の心残りは、『私の活躍をもっと見たかった事…』だと思います…。天国の母にそれが見せられるよう、母がくれたこの命を精一杯輝いて生きていきたいと思っております」と誓った。

 真瀬の父は野際さんと1994年に離婚した俳優・千葉真一(78)。

 このほかにも、ドラマや番組で共演したミッキー・カーチス(78)、間寛平(67)、佐野史郎(62)、中山秀征(49)、恵俊彰(52)、原田泰造(47)、仲間由紀恵(37)らが続々と野際さんの死を悼んだ。

 なお、きょう16日のテレビ朝日系『徹子の部屋』(正午~後0:30)は野際さんの追悼特集を放送。司会の黒柳徹子(83)とは、ともにテレビの黎明期にNHKで活躍した縁もあり、同番組には1977年に初出演して以来、計21回を数え、その出演回を振り返る。


ジャンル:
芸能
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「任侠団体山口組」織田代表... | トップ | 神戸山口組組長を再逮捕へ ... »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事