Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

奄美群島国立公園誕生、18年世界遺産登録に弾み

2017年03月07日 15時38分49秒 | 国内ニュース






国内最大規模の亜熱帯照葉樹林がある鹿児島県の「奄美群島国立公園」が7日、正式に指定され、34番目の国立公園が誕生した。国立公園のエリアを含む「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、政府は2018年の世界自然遺産登録を目指しており、指定を弾みとしたい考えだ。

 国立公園のエリアは奄美市など12市町村の陸域と海域の計約7万5000ヘクタールで、奄美大島や喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島などで構成する。

国立公園のエリアは奄美市など12市町村の陸域と海域の計約7万5000ヘクタールで、奄美大島や喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島などで構成する。

 森林にはアマミノクロウサギなど希少な動植物が生息。世界北限のサンゴ礁も広がり、波の浸食でできた石灰岩の崖やマングローブ林も特徴だ。(共同)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性的暴行で少女を妊娠させた... | トップ | 「めがねお~」で万引容疑、... »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事