Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能界、スポーツまで幅広く取り上げています。

サムスン、ノート7生産打ち切りで1兆円の売上減か

2016年10月12日 15時02分33秒 | 世界のニュース

新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」





(CNN)専門家はバッテリーの欠陥ではなく設計自体に発火の原因があった可能性を指摘する

韓国のサムスン電子は11日、発火事故が続発した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の販売と生産を完全に打ち切る方針を明らかにした。これを受け市場では、同社が95億ドル(約9800億円)の売上減に見舞われるとの観測が出ている

サムスンは販売・生産の打ち切り発表に先立ち、ノート7の使用をただちに中止するようユーザーに要請していた。

ソウル市場では同社の株価が前日比8%安となり、失われた時価総額は170億ドルに達した。

アナリストらによると、ノート7を完全に切り捨てることによって売上高は95億ドルのマイナスとなり、51億ドルの利益が打ち消されると推定される。しかし問題を長引かせれば、損失はさらに拡大する恐れがあった。

米調査会社IDCのブライアン・マ氏は「痛みをともなう措置だが、大きな視野でみると悪い対応ではない。問題を隔離し、マイナスのイメージを特定の機種だけに限定することによって、サムソン製のスマホがすべて爆発するのではないかという不安を食い止められる」と話す。

ノート7は今年8月、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」への対抗機種として発売されたが、直後から発火事故が続発。サムスンはバッテリーに欠陥があったとして、9月初めに全世界で約250万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。ところが交換後のノート7でも、依然として発火の報告が続いた。

同社の最優先課題は、問題の原因を確実に突き止めることだ。当初はバッテリーメーカー1社だけの問題とされたが、実際には製造過程でのミスというより設計自体に原因があった可能性が指摘されている。

同社は来年早々、スマートフォン「ギャラクシーS」シリーズの新機種を発売する予定。英調査会社カナリスのトゥアン・アイン・グエン氏は「ブランドイメージを修復するためには誠意と透明性が必要だ。さもなければほかの製品シリーズにも長期的な影響が出る」と強調する。

サムスンの時価総額は1940億ドル、売上高は年間1790億ドルに上る。ひとつのスマホだけの問題にとどまれば、その損失を吸収するだけの規模は十分にあるとの見方が強い。

サムスンが11日に発表したところによると、ノート7を購入した韓国内のユーザーは13日から年末までの期間に別の機種と交換することができる。外国のユーザーを対象とした交換や払い戻しの詳細は不明。現時点でも全世界で200万台のノート7が使われているとみられる。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンプカー暴走 ドライバー... | トップ | トランプ氏「足かせ取れた」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む