Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

ヤフー通販「売れてる順」最上部に広告 消費者庁問題視

2017年07月15日 09時55分56秒 | 世界のニュース



 ヤフーの通販サイト「ヤフーショッピング」が、商品検索結果の一つ「売れている順」の最も上の場所に検索結果とほぼ同じデザインの広告を載せていたことに対し、消費者庁が「広告の表記としては不十分」と指摘したことがわかった。広告なのに「最も売れている商品」と誤認しかねないことを問題視したとみられる。景品表示法に触れるおそれがあり、ヤフーはこの広告を「売れている順」に掲載するのを中止した。

 ヤフーショッピングの検索結果をめぐっては、商品の販売価格や出店者のサービスなどの総合評価が高い順に表示する「おすすめ順」のページで、出店者が広告料を多く払う商品を上位にくるように優遇しながら「広告」と表示していないことが判明し、専門家から「消費者の判断を誤らせる」との指摘を受けた。

 今回、消費者庁が問題視した「売れている順」は、ある商品を検索した際、販売数が多い業者から順に表示される検索結果だ。ヤフーは6月末まで、検索結果の最上部に「アイテムマッチ」という広告を表示できるようにしていた。

 アイテムマッチは業者がお金を払って買える広告枠だ。商品名より小さい文字で「アイテムマッチ」と書いてある以外、商品の検索結果と同じデザインだ。出店業者は広告費を出せば、「売れている順」の1位のように見える位置に自社の商品を掲載できた。
 
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国と北朝鮮 過去に何度も... | トップ | 韓国人の深刻な“犬食離れ”に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む