Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

女性が装甲車に対峙、「天安門事件を想起」と話題 ベネズエラ

2017年04月21日 20時43分38秒 | 世界のニュース

 (抗議デモの最中、1人道路に立ちふさがり装甲車を停止させた女性)



(CNN) 大規模な抗議デモが行われたベネズエラの首都カラカスで、1人の女性が道路に立ちふさがって装甲車を停止させる映像が公開された。中国の天安門事件で戦車を止めた男性を思い起こさせる行動として、称賛の声が上がっている。

抗議デモは「全ての行進の母」と銘打って野党が計画し、独立記念日に合わせて実施。衝突が起こる中、少なくとも3人が銃で撃たれて死亡していた。

道路には血痕が残り、がれきが散乱。上記の女性は煙が立ち込める中から現れ、国家警備隊の装甲車の前に踏み出した。

ベネズエラの国を象徴する色の帽子をかぶり、同国の国旗をまとった姿。ツイッターに投稿された動画の中で、女性は装甲車の前に立ちふさがって停止させ、近くで爆発音がしてもひるむ様子なく、車の前面に両手を当てた。

スピーカーからは怒鳴り声が聞こえ、装甲車の上部から姿を見せた男性が、立ちふさがる女性に向かって何かを投げつける。女性は落ち着いた様子でそれをよけた。

装甲車が後退すると、女性もそれに付いて歩き始めた。AFPのカメラマンもこの場面を写真に収めている。

この女性の姿は、1989年6月5日に起きた中国の天安門事件で戦車4台を止めた男性、通称「タンクマン」を思い起こさせる。

女性の身元は不明だが、ベネズエラでは「ラ・ダーマ(あの女性)」の名で有名になった。野党関係者は19日の演説でラ・ダーマとタンクマンに触れ、女性の行動を称賛した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKでしか見られなくなる... | トップ | 非番の米警官が拳銃所持した... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む