Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

大竹しのぶ「30人ちょっと」の衝撃発言

2017年05月18日 06時08分08秒 | 国内ニュース



映画『後妻業の女』で、財産のある高齢男性を再婚に持ちこみ私腹を肥やす女を演じた大竹しのぶ(59才)。監督は原作を三行読んで即座に大竹の起用を決めたという。そんな“妖艶でしたたかな悪女”を演じさせたら右に出る者がいない大竹が『婦人公論』(5月23日号)で三谷幸喜(55才)、清水ミチコ(57才)と鼎談。話題が過去の恋愛に及ぶとこんな発言が飛び出した。

三谷「今まで関係のあった男を集めて番組を作るとしたら、成立します?」
清水「およそ30人くらい?」
大竹「もうちょっといる…」
 すかさず清水が「おいっ!」とツッコミをいれたが、いくらあの大竹しのぶとはいえ、30人以上!? 同世代女性の感想はこうだ。

「人に言うことじゃないですが、私が知ってるのは夫だけ。多くの女性はそうだとばかり…」(64才)
「大竹さんなら、それは普通の主婦より多くて当たり前かなぁ、と。でも10人はいかないかなと思ったので驚きました。私も結婚前に1~2人いたけど、結婚してからはそんな機会もまったくないし」(58才)

 同世代の想像の遥か上をいく大竹の男性経験。1982年に略奪婚したドラマディレクターをはじめ、死別後は明石家さんま(61才)と再婚。さんまと離婚後は演出家の野田秀樹(61才)と事実婚状態に。破局して独り身の今は、“まさか”とは思うが、RADWIMPSの野田洋次郎(31才)や松本潤(33才)ら年下男子にお熱だ。

ジャンル:
芸能
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊川怜の結婚相手に“第4の婚... | トップ | ケンタッキーフライドチキン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む