Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

北朝鮮で拘束の米国人学生、「昏睡状態」で釈放

2017年06月14日 06時04分12秒 | 世界のニュース

涙ながらに記者会見する米大学生のオットー・ワームビア氏



北朝鮮は13日、国内で昨年に身柄を拘束し、15年の労働教化刑を科していた米国人大学生オットー・ワームビア氏(22)を釈放し、米国への帰還を許可した。家族によると、同氏は強制労働収容所に収監されていた1年半の間に昏睡状態に陥ったとされる。

 レックス・ティラーソン米国務長官は、北朝鮮との対話でワームビア氏の釈放を取り付けたと説明。現在も拘束中の米国人3人についても釈放を求めていると発表した。米国側が何らかの譲歩をしたのかどうかは明らかにされていない。

ワームビア氏の両親は米CNNテレビに対する声明で、「オットーは北朝鮮を出国しました。救急フライトで帰国の途上にあります」と発表。また1週間前、2016年3月から昏睡状態にあるということを知らされたばかりだと述べた。

 両親によると、ワームビア氏は2016年3月の裁判の直後に睡眠薬を与えられ、その後目を覚ますことがなかったとされる。米紙ワシントン・ポストは、同氏が北朝鮮で収監されている間にボツリヌス中毒症にかかった可能性があると報道している。(c)AFP/Dave Clark

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少年の額に「私は泥棒で負け... | トップ | タイ警察、中国の「いいね」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む