Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能界、スポーツまで幅広く取り上げています。

デルタ航空CAが人種差別「まさかあなたがお医者さん?」

2016年10月17日 05時43分05秒 | 世界のニュース



誰もがある程度は持っている職業に関するステレオタイプの概念。だが差別、思い込みや偏見に満ちている場合は時としてとんだ“失言”につながることもある。このほどアメリカの旅客機で、客室乗務員が黒人の女性医師に失礼な言葉を放っていたことを『washingtonpost.com』ほかが伝えている。このCAにとっては「医師」といえば白人男性しかイメージできなかったようだ。

このほどミシガン州デトロイトを発ち、ミネソタ州ミネアポリスに向かっていたデルタ航空のフライトで急病人が発生した。自分の2列前に座っていた男性が突然意識を失って倒れ、「どうしましたか」と近寄ったタミカ・クロスさん。彼女はヒューストンにある「テキサス大学ヘルスサイエンスセンター」で産婦人科医として働く黒人の女性医師で、デトロイトには結婚式に出席するために出かけていた。しかし駆け付けたCAは彼女にそっけない態度を示したという。

「あら、ご親切にありがとう。でも必要なのは実際の医療現場で働いている医師か看護師なの。その手を離して? 悪いけれど今あなたに付き合っている時間はないのよ。」

ほどなくして機内には、おなじみの「お客様のなかにお医者様はいらっしゃいませんか? コールボタンを押してお知らせください」というアナウンスが流れた。これに改めてクロスさんが応答。CAが彼女のもとにやってくると、「あら、あなた本当にお医者さんだったわけ? どこの病院の何科? 資格を証明するものはある?」と次々と尋ね、あくまでも“信じられない”という顔を見せた。つまらない問答が続いていた中で医師を名乗る白人男性が現れると、クロスさんには「お役御免」が告げられたという。

10月9日、クロスさんはその時のことを思い出しながらFacebookには「きっと私が黒人女性だからだわ。この手の蔑視にはもう本当にウンザリ。男性の奥さんがオロオロと困り果てている様子に助けてあげたいと思って名乗り出ただけなのに、CAにピシャリと断られるだなんて」と悔しさをにじませた。そこには2万を超すコメントが寄せられたほか、デルタ航空のページには「人種差別意識を改めよ」という多くの非難のコメントが寄せられた。

そこでは、2012年に米国南部で132年ぶりの黒人上院議員が誕生と騒がれたティム・スコット氏、そしてハーバード大の黒人教授であるヘンリー・ルイス・ゲイツ氏について、「素晴らしい人物でありながら人種差別と偏見に泣かされている」と訴える人も多かったという。この一件に関し、デルタ航空はクロスさんにお詫びの印として「Delta SkyMiles」のボーナスマイルを進呈したいと申し出たが、クロスさんはそれを拒否。自分たち黒人にはプライドや尊厳があり、マイルなどで片付けられるほどちっぽけなものではないとしている。

出典:http://www.healthynology.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口論が銃撃に発展、3人死亡 ... | トップ | 「モヤさま」狩野アナ後任は... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む