Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

保安官による6歳男児射殺、裁判所がビデオ公開 米

2016年10月01日 06時56分32秒 | 世界のニュース

男の子に気づかないまま車へ繰り返し発砲=マークスビル警察署



車の中で射殺されたジェレミー・マーディスくん


ルイジアナ州の裁判所は30日までに、昨年9月に起きた保安官による6歳男児の射殺事件のビデオを公開した。別の警官が身につけていたボディーカメラで撮影されたもので、ルイジアナ州警察のトップは「これほどショッキングなものは見たことがない」と語った。

CNNの取材によれば、ことの発端は保安官らが地元のバーの前で男が恋人とけんかしているのを目撃したことだった。男を取り押さえようとしたところ、車に乗って逃走したため、追跡を開始したという。

保安官らは男児が同乗していたことに気づかないまま車に発砲。男児は死亡し、保安官2人が殺人および殺人未遂で起訴された。

男児の父親である男も撃たれて重傷を負ったが、命に別条はなかった。男は両手を警官らに見せ、ゆっくりと車からはい出してアスファルトの上に横たわった。

ビデオには、混乱する現場で警官らが状況や対応について話し合う様子も捉えられている。「誰が撃ったのかまるで分からない」と言う警官に「私が撃った」と答える声も記録されている。

また、警官が「子どもが車にいるなんて気づかなかった」と言っている声も録音されている。

カメラを身につけた警官が車の助手席側に回ると、窓は粉々に割れている。懐中電灯の光が、助手席に座っていた男児の動かなくなった体を照らし出す。警官は声をかけて脈を取ったが、誰かが吐いている音も聞こえる。

この後、駆けつけた救急救命士が男児の死亡を確認。CNNの系列局WAFBによれば男児は頭と胸に5発の銃弾を受けていた。

学校の教師によれば、男児は自閉症で言葉でのコミュニケーションができなかったという。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ、キューバ禁輸違反... | トップ | アイスランド首都が暗闇に、... »
最近の画像もっと見る

世界のニュース」カテゴリの最新記事