Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

非番の米警官が拳銃所持したまま台湾に到着、空港検査に不備

2017年04月21日 20時45分18秒 | 世界のニュース



台湾で、休暇で同地を訪れた米カリフォルニア州の警察官が、拳銃を入れたままのかばんを誤って持ってきてしまったことを申告し、現地で1週間にわたり身柄を拘束されていることが分かった。米当局が20日、明らかにした。

 カリフォルニア州サンタモニカ警察のサウル・ロドリゲス警部補がAFPに語ったところによると、警察官のノエル・グラントさんは13日、家族と休暇を過ごしために台湾に到着したが、間違って機内持ち込み用のカバンに拳銃を入れたままにしていたことに気付き、空港職員に伝えた。

 グラントさんは今回の件が解決するまで台湾を離れることを禁止されているという。
 米連邦当局は20日、グラントさんが拳銃を機内に持ち込めてしまったことを受け、ロサンゼルスの空港で適切な保安手続きが取られなかったことは明らかだと認めた。

 米運輸保安局(TSA)のニコ・メレンデス氏は、当局は「標準的な手続きが取られず、拳銃を所持した警察官が保管検査を通過してしまった」と結論付けたと述べた。

 ロドリゲス警部補は、グラントさんに対する懲戒処分については明言しなかった。(c)AFP

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性が装甲車に対峙、「天安... | トップ | 杉原千畝氏の映画上映=生き... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む