Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

線路上に突然クマ、秋田新幹線が衝突し緊急停車

2017年09月16日 18時50分17秒 | 鉄道・電車



 16日午前11時15分頃、秋田市のJR秋田新幹線の羽後境駅―和田駅間で、下りの「こまち3号」(7両編成)がクマと衝突し、緊急停車した。
 乗客約200人にけがはなかった。和田駅まで徐行運転した後、車両点検を行った影響で、上下計2本が最大約40分遅れ、約400人に影響が出た。
 JR東日本秋田支社によると、線路上に突然クマが現れ、運転士が急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。


この記事をはてなブックマークに追加

今年の祭りは一味違う!10月1日(日)から『天下一品祭り』

2017年09月16日 18時44分51秒 | 国内ニュース




中華そば専門チェーン店「天下一品」は、昨年10月1日の初日だけで20万杯を超えるラーメンを売り上げ好評を博した「天下一品祭り」を、今年も10月1日(日)から9日(月)までの9日間、全国の天下一品にて開催する。

“10月1日=てんかいっぴんの日”にちなんで催される同キャンペーンは、今年初の試みとして10月10日(火)から12月10日(日)まで「天下一品 後祭り」を同時開催する。

期間中、店内でラーメンを食べた人を対象に、10月1日(日)は翌日以降利用できるラーメン(並)1杯無料券を進呈する。なお、贈答用含むお持ち帰りラーメン、宅配ギフト、ミニラーメンは対象外となっている。

そして、10月2日(月)から9日(月)までの8日間は、店内でラーメンを食べた人を対象に、スピードくじにて、天下一品オリジナルのスマホスタンドかビッグキーホルダーをプレゼントする(全てのラーメンが対象、ハズレあり)。

更に、今年は初の試みとして「天下一品 後祭り」と銘打ち、10月10日(火)から11月30日(木)まで、店頭にて進呈されるスタンプカードにスタンプを10個集めると人気の天下一品ミニミニどんぶりか、次回来店時にラーメン(並)の1杯無料提供を選べるスタンプカードキャンペーンも開催される(全てのラーメンが対象)。

スタンプの押印は12月10日(日)まで、満欄のカードの有効期限は、同月20日(水)までだ。なお、9月中旬オープン予定の隼人店(鹿児島)では、準備の都合により10月1日(日)のラーメン(並)1杯無料券進呈イベントは開催されない。

天下一品の日はこってりラーメンを食べてお得にもう一杯食べられるチャンス!


この記事をはてなブックマークに追加

「土下座強要?」鈴木砂羽、知人が明かす「瞬間湯沸かし器」な激怒素顔!

2017年09月16日 18時43分02秒 | 国内ニュース



女優の鈴木砂羽が初演出を手掛ける舞台で、出演者2人が鈴木による「人道にもとる数々の行為」があったとして出演をキャンセルしたことが波紋を広げている。

 鈴木に対して抗議しているのは、ともに同じ芸能事務所に所属する女優の鳳恵弥と牧野美千子。

 9月13日から18日にかけて都内で上演される舞台「結婚の条件」に出演を予定していたものの、鈴木に「土下座を強要された」と両者は所属事務所を通して告発して出演を辞退。
 舞台の初日となる13日、詰めかけた報道陣に対して鈴木は「土下座させた事実はありません」と完全否定したものの、真相は明らかになっていない。
 今回の騒動を受け、鈴木に近い人物に話を聞くと──。
「鈴木さんは基本的には“気配りの人”で、末端のスタッフにもやさしく接する人。ただ、怒った時はものすごく怖いですね」と語るのは、これまでたびたび、鈴木に原稿依頼をしているという編集者だ。

 以前、鈴木から「今でも忘れられない“すさまじい怒り”を受けた」という同氏。鈴木が見せた“すさまじい憤怒”とは?

「私のミスで、彼女の書いた文章を許可なく改変したまま掲載してしまったのですが『いったい、どうなってんの!』『こんなのプロの仕事じゃない!』と20分ぐらい電話でどやされました。いまでも夢に出てくるぐらい怖かったですね」

 同氏は、すぐさま急いで鈴木のもとに謝罪に行ったという。ところが──。
「電話での怒りがウソのように穏やかだったんですよ。『誰にだってミスはあるから』とフォローしてくれました。いわゆる“瞬間湯沸かし器”的な側面はありますが、基本的にはやさしい方です」

 双方の言い分が食い違う「土下座強要騒動」。真相が明らかになる日はくるか。


この記事をはてなブックマークに追加

なぜ?韓国の救急隊員ら、人助けに行ったのに賠償請求される

2017年09月16日 18時40分52秒 | 韓国



2017年9月15日、韓国・朝鮮日報は、韓国国民の生命と安全を守る救急・消防隊員らが理不尽な苦難を強いられていると報じた。

最近、大韓弁護士協会が無料で法律相談を行う弁護士を募集したところ、協会の弁護士392人が応募した。弁護士らが先を争って「報酬はいいから助けよう」と立ち上がったのは「消防士」だった。

なぜ「消防士」なのか。実は、彼らは救助や救急の過程で発生した器物破損により抗議を受けたり、訴訟に悩まされたりすることが少なくないのだ。

例えば、マンション火災現場に出動した消防士が、「中に人がいるかも」との思いで玄関のドアを破壊し飛び込むことは珍しくない。しかしこの行為が基で、ドアや財産破損に対する損害賠償を求められる例がたびたびあるという。ソウル消防災難本部によると、2015年から今年6月末の間に「火災鎮圧などで発生した器物破損を弁償してほしい」という要求は54件寄せられ、うち43件がドア、次いで車両(3件)、エアコン室外機(2件)、看板・ひさし・蚊帳(各1件)破損の請求が続いたという。

15年には、ソウル市内の消防士ソンさん(50)が火災現場のアパートに進入するため隣家の塀をよじ登ろうとしたところ、足を踏み外し雨どいを壊してしまった。翌日、家主の娘が消防署を訪れて弁償を求めたため、ソンさんは「消火しようとして起こったことなので大目に見てほしい」となんとか説得したそう。また昨年も、ソウル市内のマンションのベランダで発生した火災を消火した消防署の隊員らが、「壊れた玄関のドアと破れたソファを弁償してほしい」と訴える家主と合意するのに苦労したことがあった。

民事・刑事訴訟に巻き込まれる消防士も少なくない。昨年1年間で、緊急業務を遂行していた消防士が訴訟に巻き込まれた件数は7件で、大半が出動中の交通事故が原因とされる。訴訟費用を消防士が自費で賄うこともある。14年、救急隊が搬送中の40代女性が救急車のドアを開けて飛び降り、車にはねられて死亡する事故があった。女性は泥酔状態だったという。すると、遺族が「救急隊員の不注意で死亡した」と救急隊員(37)相手に刑事訴訟を起こしたのだ。隊員は勝訴したが、すべての費用を一人で負担したという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「命を懸けて助けたのに、返ってくるのは告訴状。これが人間のやること?」「119を呼んでおいて損害賠償しろ?何考えてるの?」「消火栓前に駐車してある車は破損しても責任を問われないのが普通。なのにヘル朝鮮(地獄のような韓国)はその反対。だから後進国」など、市民の「非常識」を批判する声が多数寄せられている。

また、「火元の家や救助された人に消防隊の出動費用を請求しよう「国会議員の給料を削減して消防士の給料を引き上げろ」などの提案も相次ぎ、中には「119番の電話メッセージに『あなたの器物を破損しても命を助けましょうか。よろしければ1を、違う場合は2を押してください』と入れたら?」という声も。

実際に火災に遭ったというユーザーは「留守中に火事が起こって、消防士の方がドアをこじ開けて消火してくれた。今もドアはゆがんでいるけど、感謝の気持ちしかない。だから損害賠償を要求するなんてあり得ない」と自身のエピソードを織り交ぜて強く主張した


この記事をはてなブックマークに追加

東京メトロ王子駅に「ママ元気?」の張り紙 駅側「お子様方の思いを感じ撤去躊躇った」

2017年09月16日 18時39分47秒 | 国内ニュース



東京メトロ南北線王子駅に、子どもが貼ったと思われる人探しの紙の写真がある『Twitter』ユーザーによってツイートされ、現在も拡散されています。

「ママ元気?電話してね」という張り紙。これを見たネットユーザーからは「何とも言えない気持ちになる」「涙出てくる」といった声が多数見られたほか、「大人は事情をちゃんと話してあげてほしい」といった意見もありました。
公共の施設に無許可で張り紙をするのは原則禁止とされているところが多く、地下鉄の駅も同様ですが、王子駅側は「許可なく掲示物を張り出すことはできません」としながらも、「しかし、お子様方の思いを感じると撤去するのを躊躇いたしました。しばらくしてから撤去いたします」とし、「連絡があります様に」と添えています。
この駅側の対応にも、「泣ける」「やさしさにグッとくる」といった声が上がっていました。
駅員に事情を聞いた『Twitter』ユーザーによると、経緯は次のとおり。

終車後、貼り紙の前にいた駅員氏にお話を伺いました。
この貼り紙は15日朝から貼られていたそうです。普段だった即はがすそうですが内容が内容だけに「はがせなかった」そうです。

終車が出たこともあり、はがすかどうか貼り紙の前で検討していたそうですが「やっぱりはがせませんよねぇ」と。

駅員氏も苦笑しながら「やっぱりこの内容読むとはがせませんよね、だから明日の朝にするかって話してたところなんです」と。(話しぶりからするとメトロの告知文を書かれた人かも)
「本当ははがさなきゃいけないんだけどこの内容だからねぇやっぱりはがせませんでした」という話には泣かされました。
「ママも苦しんでいるのかもしれない」「助けを求めてほしい」と母親の安否を心配する声も上がっていた王子駅の張り紙ですが、王子警察署に電話取材したところ「本件は解決済み」とのこと。子どもたちの張り紙が少なからず役に立ったのではないでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

米歌手セレーナ・ゴメスさん、親友から腎臓移植受ける

2017年09月16日 09時19分02秒 | 世界のニュース

セレーナ・ゴメスさん(右)がフランシア・レイサさんとベッドで手を握り合う写真を投稿



(CNN) 米歌手で女優のセレーナ・ゴメスさんが14日、親友からの提供で腎臓移植を受けていたことを明らかにした。ゴメスさんは2015年に難病の全身性エリテマトーデスにかかっていることを公表している。

ゴメスさんはインスタグラムに、友人で女優のフランシア・レイサさんと病院のベッドで手を握り合う写真を投稿した。

「ファンの皆さんの中には、私がこの夏の一時期、表立った活動をしていないことに気づいて、なぜ新曲の宣伝をしないのかと不思議に思っていた人もいるのは承知しています」「全身性エリテマトーデスのため腎臓の移植を受ける必要があることが分かり、回復を図っていました」とのコメントも添えた。

ゴメスさんによれば移植は「全体的な健康のために必要なものだった」という。
移植についての詳細は後日、あらためてファンに向けて話すとする一方で、医療関係者、そしてレイサさんに感謝の意を示した。

「彼女は腎臓を提供することで、私に究極の贈り物をし、犠牲を払ってくれました。私は信じられないほど恵まれています。すごく愛しています」とゴメスさんは述べた。
14日、レイサさんのインスタグラムの最新の投稿には、ゴメスさんのファンからの感謝のコメントが殺到した。

「あなたはすばらしい」とあるファンは書いた。「最高の友達だ」
ゴメスさんは昨年も一時期、全身性エリテマトーデスや不安、うつのために活動を休止していた。


この記事をはてなブックマークに追加

米グーグルを元女性従業員が提訴、賃金の性差別あったと主張

2017年09月16日 09時18分10秒 | 世界のニュース




ニューヨーク(CNNMoney) 米グーグルの元女性従業員3人が、「組織的かつ広範な報酬及び昇進上の差別」があったとして14日、同社に差額賃金の支払いや損害賠償を求める訴訟を起こした。

元従業員らは男性より安い賃金を受け取り、賃金の安い仕事ばかり与えられ、同じ仕事をしている男性と比べ昇進の機会が少なかったと主張している。一方、グーグルはこれらの主張を否定している。

原告の1人、ケリー・エリス氏はソフトウエア技術者。2006年にバージニア大学を卒業して技術者として働き、グーグルには10年に就職した。

訴状によれば、グーグルはエリス氏を新卒者と同じ「レベル3」の技術チームに配属。だがその数週間後に入社した、同じく06年に大学を卒業した男性技術者は、より賃金の高いレベル4のチームに配属されたという。

エリス氏の仕事ぶりは高い評価を得たがなかなか昇格が認められず、14年にグーグルを去る前にはレベル4に到達したものの、男性技術者はさらに上のレベルへの昇格や昇給への道筋にあり、「性的な賃金格差でけっして追いつけないことは明らか」だったという。


この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン爆発、バケツ爆弾の「火の壁」が通勤客襲う

2017年09月16日 09時16分05秒 | 世界のニュース









ロンドン(London)の地下鉄で15日に起きた爆発事件では、大きな爆発音の後に発生した「火の壁」が閑静な地域の平穏を破り、通勤客らは炎に焼かれながら、われ先にと駅から飛び出した。

 地元住民の男性は、通勤のためロンドン西部のパーソンズグリーン駅に向かっていた際、「大きな爆発音」が聞こえたと証言。男性は手を震わせながらAFPに対し「私が最初に目にしたのは、車両全体を包むオレンジ色の火の玉だった」と回想した。ある女性客は、爆発音を耳にした後に「火の壁が私たちに向かってきた」と語っている。

 列車内で燃え上がる白いバケツの写真をツイッターに投稿した「@Rrigs」さんは「火の玉が車内を飛び、私たちは開いたドアから飛び降りた」と語った。バケツは建設業者が使用するものに似ており、中からケーブルのようなものが飛び出している。

 当時、職場に向かう途中だったという女性教師は「私たちはとても、とても幸運だった」と話した。女性によると、爆発が起きたのは列車が駅に到着した際だったため「ドアが自動で開き、皆が外に出られた」のだという。(c)AFP/Alexandra DEL PERAL


この記事をはてなブックマークに追加

仏パリで刃物持った男が兵士襲う、けが人なし

2017年09月16日 09時15分08秒 | 世界のニュース

シャトレ駅のプラットフォーム



フランス・パリ(Paris)で15日、刃物を持った男が反テロ対策で警備に当たっていた兵士に襲い掛かったが、その場で制圧された。けが人などはなかった。警察当局が明らかにした。
 
警察筋によると現地時間の同日午前6時半(日本時間同日午後1時半)ごろ、パリ中心部のシャトレ駅で、男がイスラム教の神「アラー」を唱えながら兵士に向かっていったという。男はこの兵士によって即時、制圧された。情報筋によると、男はこれまで当局から捜査や取り調べなどを受けたことはないという。

 仏風刺週刊紙シャルリー・エブドの人気漫画家ら12人がイスラム過激派による襲撃で殺害された2015年1月以降、フランスでは襲撃事件が相次いでおり、同年11月に出された非常事態宣言は現在も続いている。

 襲撃事件が相次ぎ仏政府は、危険が懸念される観光地や宗教施設などの警備を目的に、約7000人の兵士を国内に配備するセンティネルと呼ばれる作戦を展開している。

 フロランス・パルリ国防相はラジオ局ヨーロッパ1に対し、「逮捕された襲撃犯の目的はわかっていない」と語った。(c)AFP


この記事をはてなブックマークに追加

銃を違法に製造・販売 容疑者410人を検挙 中国・広東省警察

2017年09月16日 09時13分35秒 | 中国



中国・広東省(Guangdong)公安庁は、特別捜査「ハリケーン33号」作戦を実施し、同省内で違法に銃を製造していた10か所あまりのアジトを突き止め、インターネットで販売していた容疑者410人余りを検挙した。

 事件に関わった可能性のある配達員7人についても、処分が下された。(c)CNS


この記事をはてなブックマークに追加

チビチリガマ荒らした容疑、少年4人逮捕 沖縄県警

2017年09月16日 09時11分31秒 | 国内ニュース



沖縄戦の際に住民83人が「集団自決」に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村の洞窟「チビチリガマ」が荒らされた事件で、沖縄県警嘉手納署は15日、県内の16~19歳の少年4人を器物損壊の疑いで逮捕した。16日発表した。4人は容疑を認めているという。


 逮捕されたのは、いずれも本島中部在住の無職や型枠解体工の少年4人。嘉手納署によると、4人は5日正午ごろから12日午前11時ごろまでの間に、読谷村波平のチビチリガマで、看板2枚や額1枚、供えられていた千羽鶴4束を壊した疑いがもたれている。

 チビチリガマは読谷村が戦争遺跡として文化財に指定し、平和学習の場として活用されている。12日午前、千羽鶴が引きちぎられたり、洞窟の奥にあった遺品のつぼや瓶などが割られたりしているのが見つかり、遺族会が15日、嘉手納署に被害届を提出していた。県警は動機などについても調べる。(上遠野郷)

 〈チビチリガマ〉 読谷村にある自然洞窟(ガマ)。村史によると、沖縄戦の際、住民約140人が避難したが、米軍が沖縄本島に上陸した翌日の1945年4月2日、このうちの83人が「集団自決」した。毛布などに火がつけられ、「地獄絵図さながらの惨状」となったという。遺族は長年口を閉ざし、戦後38年たって真相が明らかになった。87年、遺族らにより入り口に「世代を結ぶ平和の像」が建立されたが、同年、右翼団体員により破壊された。沖縄国体の読谷村の会場で掲揚された日の丸が、村民によって焼き捨てられたことへの報復だったとされる。95年に再建された。


この記事をはてなブックマークに追加