Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

【マンホールカード】第5弾配布開始! 過去最多の52種類、「1人1枚」でもらえます

2017年08月19日 19時31分40秒 | 国内ニュース



下水道広報プラットホーム(GKP、事務局・日本下水道協会)は、1日から「マンホールカード」の第5弾として、新たに過去最多となる52種類の配布を開始した。今回は青森、熊本、大分県内のカードが初めて発行される。累計は191地方自治体、222種類で、発行枚数は90万枚となった。

 マンホールカードは、GKPが企画・監修するマンホールふたのコレクションアイテムで、マンホールふたを管理する都道府県や市町村と共同で作成。配布場所は、GKPのホームページ(http://www.gk-p.jp/)で告知している。

 カードごとに指定された場所に足を運ぶと、「1人1枚」を原則に、無料で受け取ることができる。

 カードは、社会経済を支える国民の財産である下水道への理解促進を目的に、2016年4月に第1弾の配布を開始した。各自治体では観光と連携した広報活動を実施しており、国土交通省も自治体と連携し、マンホールの魅力を通じて下水道の役割を情報発信するとともに観光振興につなげていく考えだ。


この記事をはてなブックマークに追加

松本人志『ワイドナショー』年内終了!? 

2017年08月19日 19時28分46秒 | 国内ニュース



 ダウンタウンの松本人志が15日、自身のTwitterに「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と不満げな投稿をした。

 これがどの番組を指しているかは不明だが、ネット上では前日収録の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、SPEED・上原多香子の不倫騒動に言及したものの、ニュースごとカットされたのではないかとの臆測が浮上。
 また、そんな松本に、「ワイドナショー降板するとか言わないでくださいね」「マギーの不倫もしゃべれなかったもんね」「生放送にしてください」といった声が寄せられている。

「上原の報道については、所属するライジングプロダクションが圧力をかけているというより、内容が重過ぎるためテレビ局が敬遠しているという印象。ただ、フジはライジングの西内まりやや、観月ありさを連ドラ主演に起用したばかりで、繋がりが深い。『ワイドナショー』が急きょ放送を取りやめたとなると、忖度が働いた可能性も」(芸能記者)

 松本といえば、元旦放送の同番組で、「事務所の力関係とか、大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりする」と芸能界のタブーに触れ、「ネットで散々上位に上がっているのに、ワイドショーでは一切扱わないこの違和感は、テレビ業界の人たちもそろそろ気づいてほしい」などと苦言。これは、昨年、バーニングと『レコ大』の裏金疑惑や、有吉弘行と夏目三久の結婚&妊娠報道などの大きなニュースを、各局が黙殺したことに対する不満と見られている。

 また、同番組が6月、宮崎駿監督の「引退宣言集」に誤りがあったとして謝罪した際に、松本は「次にこういうことがあれば、『ワイドナショー』を降りようと思ってる」と発言した。
「松本が『ワイドナショー』に不信感を募らせているのは確実。松本といえば、その昔、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(同)の2時間スペシャルが、急きょ、プロ野球中継に差し替えられた際、スタッフから事前連絡がなかったことに激怒し、フジのバラエティ番組をすべて降板している。もし今回、上原のニュースに松本が神経を張り巡らせながらコメントしたにもかかわらず、事前連絡もなしにカットされていたとしたら、いつ『辞める』と言い出してもおかしくない」(同)

 松本のツイートが『ワイドナショー』への不満だとすれば、番組が突然終了する可能性もありそうだ。


この記事をはてなブックマークに追加

白人主義対応で反発噴出 懸念され始めた「トランプ暗殺」

2017年08月19日 19時27分39秒 | 世界のニュース



5人目の悲劇にならなければいいが――。白人至上主義団体と反対派が衝突した事件で、トランプ大統領の対応に全米から抗議と怒りの声が上がっている。トランプ離れがいっそう加速し、ここにきて再び“トランプ暗殺”を懸念する見方が出ている。

■建国以来4人の米大統領が犠牲に

 早速、アメリカのネット上では暗殺をめぐって、「トランプの暗殺のため識者は立ち上がろう」「トランプ暗殺を避けるには対話しかない」などと煽ったり、警戒する投稿が飛び交っている。

 暗殺はけっして絵空事ではない。米国では建国以来、リンカーン、ガーフィールド、マッキンリー、ケネディと4人の大統領が殺されている。ジャクソン、レーガンなど暗殺未遂、暗殺計画が明らかになったのは、記録に残っているだけで16人にも上る。

 それでなくてもトランプは、大統領選の時から暗殺のターゲットにされてきたと、まことしやかに語られている。トランプが敵視していた「エスタブリッシュメント」(既得権者の支配層)の一部が、命を狙っているとの謀略説が流れていた。これからどんなことが起こるのか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「米国の財界人が一斉にトランプと距離を置きはじめたことが気がかりです。大企業の経営者らで構成する大統領助言組織も解散してしまった。孤立したトランプは何をやらかすかわからない。既得権者の支配層の中からトランプを消す動きが出てもおかしくない。既得権を守るための謀略は米国では珍しくありません」

 黒人も多い軍隊も“反トランプ色”を強めはじめている。政治には口を出さないはずの米陸海空軍や海兵隊など軍部幹部が、白人至上主義グループを非難する異例のコメントを出している。

 米軍はさまざまな人種で構成され、貧困な非白人層で成り立っているのが実情である。血の気の荒い兵士がトランプに“牙”をむけるかもしれない。

 さらに、弱体化している過激派組織「イスラム国」(IS)が、起死回生を狙ってテロに動く可能性がある。トランプの人種差別容認は格好の口実を与えるからだ。

「国際世論を味方につけられると考えて、ISがトランプ暗殺を計画することは十分考えられます。当局は警備を強化し、これからの入国制限もいっそう強めるでしょうが、すでに米国にいるシンパが、ISの“呼びかけ”に触発されてテロを実行することもあるでしょう」(世良光弘氏)


この記事をはてなブックマークに追加

万里の長城に英語や韓国語の落書き 中国人「民度と国籍は無関係だ」

2017年08月19日 19時26分07秒 | 中国






参考消息網によると、万里の長城に英語や韓国語の落書きが多数見つかった。「民度と国籍は関係ないんだな」と中国ネットユーザーがコメントを寄せている。

香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが中国のSNS「微博」で、万里の長城に書き込まれた落書きの写真を公開した。中国語の落書きも多いが、英語や韓国語のものも少なくない。

近年、中国人の旅行マナーが取り沙汰されているが外国人も変わらないではないかと憤るネットユーザーが多いようだ。現在、落書きについては200~500元(約3280~8200円)の罰金と定められているが、より厳しくするべきだとの声も上がっている。


この記事をはてなブックマークに追加

“中国が知的財産侵害”米が調査開始を発表

2017年08月19日 19時24分50秒 | 中国



トランプ政権は18日、中国がアメリカの知的財産を侵害している疑いがあるとして、強硬な措置を定めた規定「通商法301条」に基づく正式な調査を始めると発表した。中国が反発を強めるのは必至。

 トランプ大統領は14日、USTR(=アメリカ通商代表部)に対し、中国がアメリカ企業のIT技術など知的財産を侵害してないか調査するよう指示していた。これを受けて、USTRは18日、関税の引き上げなど一方的な制裁の発動も可能な「通商法301条」に基づく正式な調査を始めると発表した。ライトハイザー代表は声明で「徹底した調査を行うべきと決断した」と強調している。

 トランプ政権としては、北朝鮮問題で積極的に対応するよう中国にさらなる圧力をかける狙いもあり、中国側が反発を強めるのは必至。


この記事をはてなブックマークに追加

ロバを獣姦した少年たち、次々と狂犬病に

2017年08月19日 19時23分44秒 | 世界のニュース



狂犬病に感染していたロバを獣姦したモロッコの少年グループが、病院へかつぎ込まれる事件が起きた。

複数の欧米メディアによると、若い活力を持て余した15人ほどの少年たちが、ロバを相手に無理やり発散させてしまったという。だが、少年たちが次々と体調を悪くしていったことで、このロバが狂犬病に感染していたことが判明する。

少年たちとその家族は、他の人たちから嘲りの笑いを向けられることとなったが、この侮辱を避けるために遠く離れた病院へと向かった少年もいるようで、さらなる感染の拡大が懸念されるなど、笑い話では済まない状態に。なお、被害に遭ったロバは感染を止めるために殺されたとのこと。

ネットでは「なんという愚か者!」お(※編集部注 原文はAssでロバと愚か者のダブルミーニング)」「ヤギで同様の事件が起きたと聞いたことがある」「どの国でも起きかねない。狂犬病は危険な病気なんだ」「性病に認定されれば少しは検疫が強化されるようになるかな?」といったコメントが寄せられている。


この記事をはてなブックマークに追加

騒音トラブル 殺人未遂容疑で65歳女逮捕

2017年08月19日 10時15分49秒 | 国内ニュース



 神奈川・小田原市で、騒音を注意しようとした近所の男性に車を衝突させるなどして殺害しようとしたとして、65歳の女が逮捕された。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、小田原市の無職・小松徳子容疑者。警察によると、小松容疑者は17日午後11時すぎ、自宅の駐車場で、近所の男性(47)に運転する車を衝突させたうえ、男性をボンネットに乗せたまま車を走らせ、殺害しようとした疑いが持たれている。

 今年6月ごろから、小松容疑者の自宅のテレビや風鈴などの音に近隣から苦情が相次いでいて、17日は、近所の住民とのトラブルについて男性が注意しようとしたところ、車で帰宅した小松容疑者がそのまま車を発進させたという。

 被害にあった男性「(これまで小松容疑者に)油はかけられる、卵は投げられる、さばのみそ煮缶をぶちまけられる。(17日は)車の前に立ちはだかったところ、いきなり発進されて、ぶつかり、倒れていたらひき殺されると思ったので、(車に)そのまましがみついていた。顔を見ながら(車を)前進されたので、恐怖以外の何ものでもない」

 男性は腕などにケガをした。警察の調べに対し小松容疑者は、殺意はなかったと容疑を否認しているという。


この記事をはてなブックマークに追加

大文字焼きがLED照明に

2017年08月19日 10時14分21秒 | 国内ニュース



山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなくLED照明で「大」の文字を点灯させたことがネットで話題になっている。

時代の流れだと受け入れる声や批判的な指摘など、様々な意見が上がっている。
安全面やコストへ配慮

「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代に行われていた精霊を送るお盆の祭りを、約150年ぶりに復活させたものだ。1988年から行われており、今回の2017年8月16日の開催で30回目となる。
笛吹市観光商工課の担当者によると、「大」の文字の点灯は毎年8月13日から16日まで行われている。従来、「大」の文字については、8月13日から15日まで白熱電球で点灯させ、16日のみ松明(たいまつ)を用いて火で明かりをつけていた。

しかし、松明を設置する際などに山の斜面に安定した足場を取れず危険だという意見があったことや、コストへの配慮から、2017年から全日程でLED照明で点灯させることになった。今回、44個の大型LED照明を用いて点灯させたとのことで、2018年以降も火を用いる予定はないという。


この記事をはてなブックマークに追加

衝突事故のイージス艦、艦長らを解任 米海軍

2017年08月19日 07時08分14秒 | 世界のニュース

コンテナ船との衝突事故を起こしたイージス艦「フィッツジェラルド」



(CNN) 米海軍は17日、フィリピン船籍の貨物船と日本沖合で衝突事故を起こしたイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の艦長ら3人を解任すると発表した。国防総省で記者団に明らかにした。

6月に発生した衝突事故ではフィッツジェラルドの乗組員7人が死亡した。米当局は調査の結果として、フィッツジェラルド乗組員による複数の誤りと衝突直前の対応の失敗が原因になったとの見方を示していた。

解任されるのはフィッツジェラルドの艦長、副艦長、上級下士官の3人。米海軍作戦副部長のウィリアム・モラン大将は解任の処分について「それぞれの職務で指揮を執る能力に関し、わが軍での信頼を失った。艦に復帰することはない」と説明した。

衝突事故の調査は現在も続いているが、モラン大将によれば捜査が終了していなくても解任の手続きは始められるという。

海軍の説明によると衝突の発生時、艦長と副艦長はともに就寝中で、上級下士官はブリッジを離れていた。
モラン大将は当時ブリッジにいた乗組員にも明らかな状況認識の欠如が見られたと指摘。そのため多くの水兵が処分を受けたと語った。


この記事をはてなブックマークに追加

トランプ氏、バノン氏を解任 「白人主義者」と批判の首席戦略官

2017年08月19日 07時06分28秒 | 世界のニュース

スティーブ・バノン氏



ホワイトハウスは18日、ドナルド・トランプ大統領の首席戦略官・上級顧問で、極右思想で批判を集めていたスティーブ・バノン氏が、同日付で退任したと発表した。現地メディア各社はバノン氏が解任されたと報じている。

 サラ・サンダース大統領報道官は声明で「ジョン・ケリー大統領首席補佐官とスティーブ・バノン氏は、きょうをスティーブの最後の日とすることで互いに合意した。われわれは、彼の貢献に感謝しており、今後の健闘を祈っている」と発表。バノン氏が辞任したのか、解任されたのかは明言しなかった。

 米紙ニューヨーク・タイムズはこれに先立ち、トランプ氏がバノン氏解任の決断を側近に伝えたものの、その時期や方法についてはホワイトハウス高官らと協議中だと伝えていた。

 トランプ氏は、先週末にバージニア州シャーロッツビルでネオナチや白人至上主義者らが開いた集会で起きた衝突事件について、反人種差別派のデモ隊にも同様の責任があったと主張し、共和・民主両党から批判を浴びている。

 バノン氏は、超保守系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」の元会長で、反対勢力から白人至上主義者とのレッテルを貼られていた。政権入りしてからはホワイトハウス内で続く権力闘争の中心人物となったが、トランプ氏はバノン氏に集まる注目にいら立ちを募らせていたとされる。

 またメディア報道によると、バノン氏は今週に行った左寄りメディアとのインタビューで、北朝鮮問題についてトランプ氏と異なる見解を表明したことで、大統領の怒りを買っていた。(c)AFP


この記事をはてなブックマークに追加

通行人刺され8人死傷 フィンランド、容疑者1人拘束

2017年08月19日 06時59分46秒 | 世界のニュース



フィンランド南西部トゥルク(Turku)中心部にある広場で18日、通行人らが何者かに刃物で刺され、2人が死亡、6人が負傷した。警察が発表した。警官が容疑者1人を拘束したが、さらに容疑者数人が逃走中の恐れがあるという。

 警察はツイッター(Twitter)への投稿で「刺傷事件の犠牲者は8人。2人が死亡し、6人が負傷した」と発表。警察は容疑者1人の脚を撃ち、身柄を拘束した。治安当局はツイッター投稿で、警察は現在も「犯行に及んだ可能性のある複数の人物を捜索中」であるとし、トゥルク中心部には近づかないように呼び掛けた。

 犯行の動機は今のところ不明。(c)AFP


この記事をはてなブックマークに追加

宮迫博之が女性と密会した高級ホテル 芸能人や業界関係者に有名

2017年08月19日 06時57分02秒 | 国内ニュース






二股不倫疑惑を報じられたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)。出演していた保険会社「アフラック」とのCM契約が解除になり、違約金が発生する恐れがあるなど波紋が広がっている。疑惑の舞台となったのは東京都内の高級ホテルだが、人気芸人たちの“芸の肥やしスポット”は多岐にわたっているという。
 
モデルの小山ひかると30代の美容系ライターの2人の女性との不倫疑惑を「週刊文春」に報じられた宮迫は12日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で謝罪。下心はあったが一線は越えなかったとして疑惑は「グレー」と語った。

 「番組での釈明を見ると、限りなく“クロ”に近い印象はぬぐえない。とくに気になったのは今回の疑惑の舞台となったホテル。芸能人や業界関係者が密かに女性と逢瀬を重ねることで有名なホテルですからね」と女性誌デスク。

 さらに続ける。「繁華街から近い一方で周辺は人通りが少なく、何より入口が複数あり、宿泊客はフロントなどを通らず、地下駐車場から直接部屋に行けるという利便性がある。港区や渋谷区の某ホテルも同じ理由から人目を気にする芸能人によく使われる“密会ホテル”です」(前出の女性誌デスク)

 こうした背景もあり、宮迫の今回の行動は手慣れた印象を業界関係者に与えたようだ。

 そんな中、芸能プロダクションのマネジャーは今どきの芸能人の“密会”事情について明かす。
 「バブルの頃は税金対策も加味して、女性を連れ込むための“ヤリ部屋”としてマンションの一室をこっそりと借りている芸能人も多かった。今でも経済的に恵まれている売れっ子芸人の中には港区や目黒区、品川区などにこうした部屋を持っている人もいます」

 だが、こうした傾向は少なくなっており、「コスト面の負担も大きく、何よりもリスクが大き過ぎる。気心知れた相手ならまだしも、万が一“美人局”の場合、トラブルが拡大する恐れが高い。そういう意味では高級ホテルのほうが無難」(同芸能プロマネジャー)。

 若い芸能人に人気なのが岩盤浴スパだとも。「以前、有名女優の密会デートが報じられましたが、岩盤浴スパには完全個室仕様になっていてカップルで利用でき、ソファーやベッド、シャワー室を完備した高級志向の店もあり、人気です」(前出の女性誌デスク)

 岩盤浴スパなら、「一緒にマッサージに行っただけ」など男女の関係を否定する口実になる点もメリットのようだが…。

 こうした“密会事情”はマスコミも熟知。「今では都内の人気岩盤浴スパは張り込みの重点地区になっています」(写真誌カメラマン)というから、芸能人の方々はくれぐれも御用心を。


この記事をはてなブックマークに追加