グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

都知事の五輪開催に関わる都外仮設費用全額負担表明に思う

2017年05月12日 | 日記
昨日都知事が五輪開催に関わる東京都外仮設建設費用(約438億円+α)を全額負担する旨の方針を表明した。
神奈川ほか周辺3県の県知事が官邸に直訴しその後都知事が首相と面談した直後の話だけに何やら都知事だけが一方的に追い込まれたとの憶測報道もあったが実体はそんなことはないだろう。
都知事は都内の五輪関連施設の建設費用について既に400億円以上の節減を実現しており今回の負担金額だってあくまで仮設部分だけの話だろうから議会の同意だってさほど困難なことではなかろう。
いわば想定内の話だと思う。
問題は運営費1200億円の方だ。
こちらはまだ全貌が見えてこないし各自治体だってプラスの経済効果が見込めるだろうから具体的な協議は全てこれからだ。
誰かが言っていたのだが原則となるルールがあるのならそれに沿って進めていけばいいだろう。
もしルールがないのならは遅滞なく補足していけばよい。
都知事に関していえば豊洲移転問題もあって「決断できないリーダー」とのマイナス・イメージが漂い始めていた。
その点で今回の全額負担方針表明は都知事にとって良かったのではないか。
それにしても政治というものはアッチに振れたり、コッチに振れたり、だねぇ。(笑)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米大統領のFBI長官解任に思う | トップ | 日本郵政の巨額減損処理検討... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。