グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

えっ、(公衆)電話ボックスって何のこと?

2017年02月21日 | 日記
最近街を歩いていて時々出くわす光景がある。
内部の電話機が撤去された公衆電話ボックスが(イタズラ防止のため)ビニールテープで巻かれたまま放置されている姿である。
携帯電話の普及で従来の公衆電話の利用が減っているので電話ボックスがその姿を消すのは時間の問題かもしれない。
そのうちに「えっ、電話ボックスって何のこと?」なんていう時代がくるのだろう。(笑)
公衆電話というとある思い出がある。
40年ほど前のことだ。
公衆電話を使い終えボックスを出ようとしたら近くに待っていた若い男性が「これから電話をかけるので○○さん(女性の姓名)を電話口まで呼び出して欲しい」と云う。
あまり懇願されるので請われるままその役回りを引き受けたのだが察するに家族から交際を反対されている相手と連絡を取りたかったように見えた。
現代版ロミオとジュリエットかな?
無事電話がつながったのを確認して私はその場を去ったのだが件のカップルがその後どうなったのかは無論知る由もない。
結ばれたのか?それとも・・・?
携帯電話全盛の今、こんな頼まれ事はもうないだろうね・・・、時代は変わった。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育無償化議論の活発化に思う | トップ | JR北海道の経営支援問題に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事