グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

米大統領のFBI長官解任に思う

2017年05月11日 | 日記
米国大統領が突如FBI長官を解任した。
表向きの解任理由はクリントン大統領候補(当時)のメール問題再調査に関わる不手際ということのようだが一連の対応は少なくとも現大統領にとってはプラスに働いたはずだ。
当長官は最近になってロシアの米大統領選介入疑惑について注力していた。
こちらの方はもしかしたら現大統領に大きなダメージをもたらすかもしれない。
ということで自己保身のため急遽長官を解任したという見方が広がっている。
ということになれば明らかに人事権の乱用だ。
今回の措置については野党である民主党はもちろんだが与党である共和党内部からも批判の声が上がっている。
大統領はもっと丁寧な説明を行うべきだし「そんなことはできない」というのであればもう「何をかいわんや」である。
こんなことを続けていれば遠からず今の地位を去ることになるのではないか。
やっぱり「不適任」というよりない。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園問題に関わる財務省... | トップ | 都知事の五輪開催に関わる都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事