グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

バッハ会長は時の氏神か

2016年10月19日 | 日記
東京五輪ボート競技会場の開催地選定がどうにも波乱含みだ。
本命の東京に加え宮城、埼玉が誘致に意欲を示しているが、各候補地とも一長一短があり本当に迷うところだ。
ここにきてどこからか(もしかしてIOC筋から?)韓国共催案も飛び出し事態は収束どころか拡散するばかりである。
さすがの都知事もこの成り行きに困惑気味では?と心配するところだが私はバッハ会長は大いなる援軍・サポータではないかと考えている。
バッハ会長は会場選定にあたり東京都、国、組織委、IOCの共同作業部会を提案しており都知事はそのバッハ会長から「mottai-nai(もったいない)」というキーワードをプレゼントされている。
上手に会長を活用すれば膠着状態にある開催地選定も意外と簡単に着地点が見出せるのではないか。
ツイてますねぇ、都知事も。
バッハ会長を味方につければもう無敵だろう。
やっぱりバッハ会長は時の氏神かな?(笑)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風の読めない政治家に思う | トップ | 懲りない政治家の面々に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。