グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

自民党都議会メンバーの都知事対応に思う

2016年10月16日 | 日記
自民党東京都議会メンバーの都知事対応には本当に笑ってしまった。
(都議会)開会時には議会議長の握手拒否やら、多くの議員が事務所不在を決め込み都知事への「塩対応」を徹底した。
これが議会閉会時には議長は都知事の来訪を議長室前で出迎え笑顔満面で握手を進んで求めた。
都知事が自民党会派室へ出向けば事務所の受付ロビーは所属党派議員であふれんばかりだった。
一体この豹変ぶりは何だ。
党本部幹事長の「撃ち方止め」指令が今頃になって効いてきたとしたらタイム・ラグがあり過ぎる。
なぜ議会開会時にもっと「大人の対応」ができなかったのか。
あの変わりようを目にすると「議員として」の前にはたして「1人の人間として」どうかという気になってしまう。
議員諸氏も何も感じることはないのだろうか。
それとも「組織行動なのだから止むを得ない」とでも言うのだろうか・・・。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「老いを忘れさせるもの」に思う | トップ | 新潟県知事選の開票結果に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。