グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

ヤマト運輸の宅配総量抑制政策に思う

2017年02月23日 | 日記
宅配最大手のヤマト運輸が宅配総量の抑制に動き出すようだ。
ドライバー不足で運転手の労働負荷が高まってきていることは様々なメディアで聞かされてきたが「とうとうここまで来たか」という感じである。
企業にとって(ということは労働側にとっても)仕事量が増えるのは基本的にウェルカムのハズだがさすがにもう限界だということだろう。
今回の意思決定は労働組合の申し出を経営側が同意したという点で画期的である。
宅配件数が増えてきたのは「アマゾン以降」と言われているようにネット通販の発展と軌を一にしている。
ということはネット通販の成長に影響が出てくるのかもしれないねぇ・・・。
もしも宅配業者が荷主に対し配送料アップを要求するとなると先ずはネット販売業者の中で配送料のアップ分をどれだけ吸収できるか、が焦点になるだろう。
消費者にそのまま転嫁するなんてことはなかなか決断できないように思う。
それよりも今普及しつつある宅配ボックスをもっと活用したらどうだろう。
コンビニ店舗網だってまだ十分ポテンシャルがあると思う。
今、宅配総量抑制とネット通販やスーパーなどの宅配ニーズ増加の両立が求められているのである。
業界横断あるいは業界垂直での知恵の出しどころだ。
それにしても昨日のヤマト運輸の株価急伸は注目に値する。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR北海道の経営支援問題に思う | トップ | プレミアム・フライディは経... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。