グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

SNS分析は投資判断に有効か?

2017年01月30日 | 日記
SNSの書き込み内容を分析しその結果を投資情報として顧客に提供するサービスが証券会社で検討されているようである。
今やSNSは企業の業績などにプラス面でもマイナス面でも決して無視することができない、相当な影響力を持つものに成長してきたので上記のようなサービスが現出するのも当然の成り行きかも知れない。
SNS分析データがどの程度投資判断に有効になのか大変興味深い。
一つ気になるのはSNS書き込み内容の信ぴょう性チェックである。
世に株価の意図的な変動を狙った風評流布は枚挙にいとまがない。
SNSの中に犯罪性のある書き込みが紛れ込まないという保証はない。
AIを駆使して全て除去できるというのなら先ずは一安心なのだがそうはいかないだろう。
それでもSNSを通じて情報弱者たる個人顧客が投資先企業を取り巻く大きな環境変化やうねりをキャッチできるようになればそれはそれで有力な判断基準になるだろう。
AIの進歩も見てみたい気がする・・・。
SNS、そしてAIが証券会社の顧客獲得に、あるいは個人投資家の顧客満足度向上にどれだけ役立つのだろうか・・・、効用、可能性を推し量るいいチャンスになるようだ。


ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党の国会対応に思う | トップ | 豊洲市場用地の汚染水再調査... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。