グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

度重なる首相の口利き疑惑に思う

2017年05月18日 | 日記
森友学園疑惑がまだ終息していないうちにまた首相周辺に口利き疑惑が浮上した。
それも同じ学園モノ、新設絡みなのだが連続して持ち上がるなどはこれに近いことが結構常態化しているのないかと疑わざるを得ない。
首相はもちろん官房長官も内閣府と文科省とのやり取りを記録したメモの存在を否定しているがもしこれが正しいものと判定されたらどう切り抜けるのだろうかと思ってしまう。
少なくとも文科省関係者は即座に否定しなかったというか、できなかったというか、なのだが。
首相は例によって「私が依頼したことはない」と力説するが大事なことは「忖度」が生まれる可能性が予想されるにも拘わらず放置していたかどうかなのだ。
首相にはあらためて次の格言を贈呈したい。
「李下に冠を正さず」だ。
公人は法律をクリアできればそれでいいというものではないだろう。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世帯貯蓄、4年連続増で平均... | トップ | 育ち盛りのEC(電子商取引)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。