グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

日本企業の自己資本比率40.4%に思う

2017年06月18日 | 日記
日経新聞の調査によると上場企業(金融などを除く)の昨年度の自己資本比率は40.4%に上昇したということだ。
日本企業の弱い財務体質は長く定説とされてきたのでまさに隔世の感がある。
とうとう40%台まで来たのだねぇ。
輸出企業を中心に収益力を高めてきた企業は借入金の返済をしつつ利益の内部留保に努めてきた結果なのだろうか。
その間株主に対して企業は増配で答えてきたが従業員に対して賃上げは十分だったのだろうか、ちょっと気になるところである。
もう1つ自己資本比率の上昇と合わせて自己資本利益率(ROE)の低下を危惧する見方もある。
自己資本比率とROEはなかなか両立しない。
その場合経営者は総資本利益率をROEに代わる指標として重視し時系列で取上げていけば説明責任は果たせるのではなかろうか。
「借金も財産のうち」というからねぇ。(笑)
くどいようだが自己資本比率40%超なんて夢が現実になったような感じである。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっけない国会の幕切れに思う | トップ | 内閣支持率の急落に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。