グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

パナホームの展示場閉鎖計画に思う

2016年11月02日 | 日記
プレハブ住宅大手のパナホームが18年春までに展示場50ヶ所を閉鎖するという。
といっても決して後向きの意思決定ではない。
展示場の人員を需要の大きな拠点に集中させる、いわば攻めの行動なのだがあらためて気になったのが地方から都市部への戦力シフトである。
今回の計画で閉鎖の対象となったのは東京を除く東北・関東や中国・四国・九州などの地方拠点であり閉鎖された拠点の人員は東京、大阪などの大都市の拠点に振り向けられるという。
我が国の主要政策の一つであり担当大臣も設置した「地方創成」はどれだけ進んだのだろうか。
民間企業であるパナホームが需要の旺盛な地域に経営リソースを重点的に配分することは当然のことなのだが問題は大都市が栄え地方都市が疲弊する現況に対し政治がほとんど無力で十分手が打てていないことだ。
ゆえに民間企業は止むなく、あるいは結果として地方を離れていく・・・。
本当に忸怩たる思いである。
恐らくパナホームの動きは氷山の一部だろう。
今からでも遅くはない、政府・与党は「地方創成」に本腰を入れよう。
首相の延命手段を検討する暇があるくらいなら・・・。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外食業界の低調に思う | トップ | 銀行員の11億円着服事件に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。