フリーターが語る渡り奉公人事情

ターミネイターにならないために--フリーターの本当の姿を知ってください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黒田節

2006-01-07 19:43:33 | その他
黒田節の替え歌です。

元歌→http://www5b.biglobe.ne.jp/~pst/douyou-syouka/03nihon/kuroda_k.htm

不況の嵐か デフレ風か
下層の女の 舞う姿
車をひきとめ 立ち寄れば
歌音大きき 習い事

教育訓練 やれやれと
識者は言いし 審議会
学歴資格は インフレで
座れる席こそ すくなけれ

充実してます 肉体労働
生きている 実感かみしめて
あまりに仕事が きついので
体を壊して 病院に

生きよ生きましょ この時を
将来なんて わからない
諸行無常 是生滅法
ペルソネ ホディエ
保障なし

<2005/1/12付記>
●>諸行無常 是生滅法
雪山ゲ。お釈迦さまが山で修行をした。そのとき、「所業無常 是生滅法 生滅滅威 寂滅為楽」という歌声が聞こえたという。このセリフは、清元(三味線音楽)や平曲(琵琶楽)のなかにも取り入れられている。

○>ペルソネ ホディエ 
中世・ルネッサンス期の世俗音楽のなかの世俗ラテン語より。「今の人」の意。
<2005/1/12付記>日本の江戸初期から伝わる伝統歌曲のなかに、三味線の曲で「サンタマリア」という歌詞の入ったものもある。それで、伝統の曲にラテン語がまじっていてもいいだろうと判断して入れてみました。<2005/1/12付記>



http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/

<2006/1/18付記>歌詞と解説の一部を変更しました。大意に変わりありません。<2006/1/18付記>
<2006/1/27>元歌サイトのリンクが落ちていたので再びリンクを貼りました。<2006/1/27>
<206/4/22>なかりけれ→すくなけれに変更しました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡りゃんせ | トップ | いつまで生きてもいい社会を »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おさむし)
2006-01-10 22:17:48
初めまして。フリーターに関する卒論を執筆中の者です。

フリーターの現状と意識について調査をしたのですが、フリーターになった理由ひとつをとっても多様な背景がありました。

一般的によく言われているやる気のない奴がフリーターになるという発言はフリーターの一面しか捉えていないものと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トラックバック雑記文・06年01月08日 (新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~)
 今回のトラックバック:「フリーターが語る渡り奉公人事情」/「海邦高校鴻巣分校」  明けましておめでとうございます。今年も若者論の検証に精を出していくので、どうぞよろしく。あと、仙台市在住の新成人の皆様、明日は成人の日です。ぜひとも仙台市体育館まで!平成1
そんな私はLOHAS系~下流社会・三浦展著 (地方都市日記 ~Resort Town Ver.~)
 遅ればせながら「下流社会」(三浦展著、光文社新書)を読了。著者自身が認める通り、調査のサンプル数が少なく、統計学的に有意かどうか疑問のあるところではありますが、仮説に妥当性があり、現代のトレンドを表した内容だと思います。特に社会学などの小難しい理論を振.