Manaboo 電子政府・電子申請コラム 

電子政府コンサルタントの牟田学が、電子政府・電子申請、その他もろもろ、気まぐれにコメントしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

eレジデンシーカード電子証明書の更新手続について

2016年10月08日 | 電子認証・署名
こんにちは、 「日本・エストニア/EUデジタルソサエティ推進協議会(略称:JEEADiS ジェアディス)」 の牟田です。

エストニアでは、全ての公的な身分証明書(Estonian ID documents:身分証明書法で定められている)について、2016年内に更新(アップデート)する予定です。この更新は、より強度の高い暗号を採用するために行うものですが、原則として「利用者自身が自分で更新作業を行う」ことになります。

エストニア政府機関からの案内
RIA plans a remote update feature for Estonian ID cards / e-residency cards
Remote updating of Estonian ID card certificates begins today
Renewal of the ID card (Digi-ID and e-Resident's Digi-ID) certificates

公的な身分証明書には、eレジデンシーカードに搭載されている「電子居住者用の電子証明書(e-residents’ digi-ID certificates)」が含まれているので、eレジデンシーカードの保有者も、今回の更新作業を自分で行う必要があります。更新作業は、ウィンドウズやマック等のパソコン上で行います。


電子証明書の更新には、次の3つが必要です。

1 eレジデンシーカード (PINと呼ばれる暗証番号も必要です)
2 カードリーダー(カード取得時にもらえる)
3 専用のソフトウェア「ID-card utility」(バージョン3.12以降)

「ID-card utility」は、eレジデンシーカードを利用・管理するためのソフトウェアで、エストニア政府が公式に配布しています。eレジデンシーカードは持っているけど、「ID-card utility」は見たことも聞いたことも無いという人は、問題外なので更新はあきらめてください(笑)

「ID-card utility」を既にインストールしている人は、パソコンのデスクトップに次のようなアイコンが表示されていると思います。




更新作業は、次の5ステップです。スムーズに行けば5分ぐらいで終わります。


(1)「ID-card utility」を立ち上げてバージョンを確認する



画面上のメニューから、「About」をクリックすると現在のバージョンを確認できます。バージョンが3.12以降で無い場合は、画面右下にある「Check for updates」から最新版にアップデートしてください。


(2)eレジデンシーカードをカードリーダにセットする

eレジデンシーカードをカードリーダに差し込むと、「ID-card utility」の画面にeレジデンシーカードの電子証明書等の内容が表示されます。


(3)画面中央右にある「Update」をクリックして電子証明書を更新する



電子証明書の更新が必要な場合、画面中央に更新が必要である旨が表示されます。その右横に大きく「Update」と表示されていますので、これをクリックすると更新手続が開始されます。後は、画面の指示に従って、更新作業を進めます。

この時に、現在使用している4桁の暗証番号(PIN1)が必要になります。また、更新作業を進める中で、新しい暗証番号等(PIN1、PIN2、PUK code)が表示されるので、必ずメモしておきます。表示された新しい暗証番号等が無いと、更新作業を完了することができないので注意しましょう。


(4)古い電子証明書をパソコン上から削除する

この作業は必須ではありませんが、ポータルサイト等へログインする際に、古い電子証明書が表示されないようにするものです。「ID-card utility」のメニューから、「Settings」をクリックして、次に「Clean certs」をクリックします。


(5)暗証番号等(PIN1、PIN2、PUK code)を変更する

これも必須ではありませんが、電子証明書の更新時に表示された「新しい暗証番号等(PIN1、PIN2、PUK code)」は、自分が使いやすいものに変更しておいた方が良いでしょう。

PIN1:認証用の暗証番号(使用頻度が特に高い)
PIN2:署名用の暗証番号
PUK code:暗証番号を3回間違えて入力し使えなくなった時の解除番号

「ID-card utility」の画面から、それぞれ「Change PIN1」、「Change PIN2」、「PUK code」>>「Change PUK code」をクリックして変更します。






電子証明書の更新作業については、わかりやすい動画も公開されているので、参考にされてください。

Renewal of the Estonian ID card certificates ? phase 2

ジャンル:
セキュリティー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人事院の遅すぎる対応、不正... | トップ | EU電子政府レポート2016が公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電子認証・署名」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。