Manaboo 電子政府・電子申請コラム 

電子政府コンサルタントの牟田学が、電子政府・電子申請、その他もろもろ、気まぐれにコメントしてます。

従業員関連手続きの電子申請、次のステップへ行くために

2006年12月23日 | 電子政府
作者も少しお手伝いした「従業員関連手続きの実態に関する調査」(EABuS)について、日経BPの記事が公開されています。→『「使われるオンライン申請」は、企業の従業員関連手続きから

調査内容は、「企業側の視点」から従業員関連手続きの業務フローを整理し、問題点(渋滞が起きている箇所)を明らかにして、その渋滞を解消するためには、どうしたら良いかを整理するといったものです。(詳細は、紹介記事をご覧下さい)

確認しておきたいことは、「企業の従業員関連手続き」の多くは、既にオンライン化・電子化されている、ということです。

しかしながら、実際の利用は思ったほど進んでいない。それが現状なのです。


次のステップへ進むためには、

1 利用対象者を絞り込み、整理する
2 対象手続を絞り込み、整理する
3 サービスを改善する(ユーザーテスト実施が必須)
4 広報キャンペーンを実施する(相手とタイミングが大切)
5 利用状況(利用者の反応)を分析する

といったことが必要です。

重要なのは、サービス展開の基本となる「利用対象者の整理」をおろそかにしないことです。

「利用対象者の整理」なくして、サービスの改善も利用推進キャンペーンもあり得ません。

多くの電子申請サービスが、「利用者の視点」と言いながら、「利用者が誰なのか」わからないままサービスを展開してきたのですから、利用されないのは、むしろ当然と言えるでしょう。


例えば、大企業のA社。
全国各地に営業所や支店があり、企業内の電子化も進んでいます。

「これは、電子申請を利用してくれるに違いない」と思ったら、「うちは、そうした手続の処理は外注してるから、電子申請は必要ないです。」とのこと。

こうなると、利用対象者は「大企業」というよりは、「大企業の外注先」となります。


続いて、ある中小企業。

「うちは、経理担当者に任せているから、そっちに聞いてよ。」

なるほど、利用対象者は「経理担当者」だな。この人に電子申請を利用してもらおう。

「市販のパッケージソフトで処理して、印刷・仕分け・持参(または郵送)してます。そのままインターネットで申請できたら便利ですね。」

うーん、そうなると市販のパッケージソフト会社と協力したほうが良いのかなあ


というように、利用対象者は、できる限り具体的にイメージしていくことが大切です。

「申請者」と言っても、実際には「申請者本人(権利者)」以外に、

・申請決定者(各部門の部長、課長)
・申請行為者(担当者、パソコン操作者)
・申請代行者(士業、代行センター、関連子会社など)
・申請支援者(IT担当部門、業務支援ソフト、行政職員、士業など)

などが存在し、それぞれ電子申請サービスの利用に影響を与える人たちなのです。


利用者を知ること、利用者の視点でサービスを考えることは、とってもとっても大変で面倒で地道な作業です。

しかし、それを怠るのであれば、間違いなく「使われない電子申請」となってしまうのです

「使われる電子申請に近道無し」でございます


関連ソフト>>やよいの青色申告 06給料らくだプロ4Oh! 提出書類カンタン印刷 Ver1.0 社会保険編
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンプルな電子政府サービスを | トップ | ラゾーナ川崎:珈琲茶房 面影屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。