エゴンの庭

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

プルークから

2017-02-12 09:27:24 | ブログ

日帰りでブランシュの予定が大先生から近くて混んでないところで!

と談合坂で朝ごはんの時に言われて

富士見高原スキー場へ変更しました。


9:30頃到着、風が冷たく寒い。

ゲレンデは中急斜面と緩斜面で練習するのに十分です。

緩斜面でプルークボーゲンの運動要素を確認してから

両足の真ん中に重心がある滑りへ移行、ただし動き自体が真逆になるので初心者には向いてないそうです。

 

両足で滑るのだから

内足をもっと活躍させることで洗練された滑りになるらしいですよ。

 

午後4時前に上がりましたが

かなりマッタリとした中で充実したスキーに

なりました。

フラットにする誤解も解けて良かった。

講習の進め方を学べたことは大きな収穫でした。

 

そして大先生のスキーに対する考えなど、休憩時間もお互い話がつきませんでした。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両足で | トップ | 志賀高原 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。