女が下半身で考える事

女の書くセックスについてのぶっちゃけエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チンコの大きさ♪粗チンの巻

2006-04-05 | エッチなお話

前回デカチンについての記事を書きましたので、今回は粗チンについて書かせて頂きます。

勃起した状態で中指または親指程度のフィンガーサイズ
残念ながら?ここまでの粗チンさんに出会った経験は私にはありません。
私が出会った粗チンさんはいわゆるフニャチンさんでした。

でも私は彼のオチンチンを粗チンだとかフニャチンだとか言うのはいまだに気が咎めます。
それくらい私は彼を愛していました
こんなにセックスが大好きな女がセックス自体が困難なパートナーを愛することができたのです。


  愛は粗チンを越える


いわゆるインポテンツ気味だった彼。
初めて私達がセックスをした日。
今までの私の経験では、初日は大抵男性はヤル気が充填しすぎていて早漏気味だったり通常よりも回数がこなせたりするものでした。

ところが
彼の場合なかなか逝かない
それどころか私の中で彼のは次第に弱々しくなっていき、最終的には根元を手で支えていなければ挿入できない状態でした。

そして何とか事を終えて彼が言った言葉

 「まだ好きでいてくれる?」


その言葉を聞いて私は恋に落ちたのかもしれません。

切なくて汗だくの彼を力いっぱい抱きしめました。

「ありがとう」って何度も言ったのを覚えています。

彼も何度も「ありがとう」と言ってくれました。



短い同棲期間の後、彼は一方的に私の元から去っていきました。
本当に一方的に、突然に。

別れの一瞬前まで二人の関係はとても良好であったので私は狐につままれたような気持ちでした。
思えば私が愛で乗り越えた問題を彼は乗り越えられなかったのではなかったのではないかと思います。

「バイアグラ」の言葉を何度か口にした彼。
私が考える以上に、交際が深まるほどセックスに対するプレッシャーを感じていたのかもしれません。



教訓(今日のクンニではないよ)
チンコ使えなきゃ道具使って遊べばいいじゃん。
愛こそ全て!!


ランキング参加中。人生もアクセスも伸び悩む晶子に愛の一票を(*・人・*) 

ジャンル:
恋人
キーワード
バイアグラ オチンチン
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« バックで大切な事。 | トップ | ナンパの極意 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
セックスプレッシャー (ぴんく)
2006-04-06 22:59:59
愛が深まるほどにセックスに対するプレッシャーが・・・。

風俗嬢を2年弱していますが・・・セックスには自信なんぞありません。どちらかと言うとプレッシャーのほうがあるかもしれません。

フェラチオのとき、舌を口の中で動かしすぎてはいけない・・・とか。お店と同じ調子で攻めてはいけない・・・とか。

そして、腰をなるべく振らないように・・・と思っても快感に負け無意識に振ってしまう・・・私・・・。



私のよく知る男性がイッたフリをしたことがあるって言ってた。これもプレッシャーに負けてしまったのか・・・

愛があれば裸体でくっついているだけで気持ちいい満足感が得られるような気がする今日この頃・・・・性欲という野望だけでセックスできていた10代が・・・懐かしい。

年齢を重ねるほどにセックスプレッシャーは大きくなるのかしら??
>>セックスプレッシャー (晶子)
2006-04-07 23:26:46
セックスに対するプレッシャーは私の場合ないんです。

その道でプロとしてお仕事をした事がないので、あっけらかんとセックスを楽しめるのかもしれません。

私はただ一生懸命頑張って、感じ&感じさせるけど、テクニックの部分は相手任せだったり…

ただ嬉しい、楽しい、幸せ、という気持ちをパートナーにセックスを通して伝えられたらいいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL