EG-GAME

西九州総合釣行情報

季節感

2013-07-31 10:44:02 | 日記・エッセイ・コラム
7月30日 南西12m 波2.5m 小潮





雨が降るかと待ち構えても、数秒パラっとするだけで 拍子抜け。


地方では、すごい雨にて災害などあってるというのに。


梅雨もあまり降らなく水不足になってきてます。






前線は動かず波高い日が続く。

沖に予定されてた方々、欠航が多いのではないでしょうか。

何時だったか昨年、シケにて一ヶ月間に二回程しか沖に出せない日があったような。

決まって週末はシケ(ー ー;)




夏の海は波が太いって表現したが分かりやすいかな。



三角波には注意を。





山では、もう秋の準備に。






これで石鯛釣れんかな^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調子

2013-07-30 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

7月29日  南南西8m 波2.5m 小潮

 

 

 

どうも雨が降りきれない蒸し暑い天気。

 

今年はスズメバチの発生が非常に多いです。

 

これから秋にかけて獰猛になっていくので注意です。

 

巣に必ず見張り役がいるので駆除は気をつけて下さい。

 

13072909

 

明日(30日)も前線が張り付く地域では雨の被害も気をつけて下さい。 

 

 

 

 

暑くて体の調子もなんですが、表題の調子。

 

竿の事です。

 

エギ竿など調子を表すMからHなどライトでは大概3種類。

 

万能竿と言われるエギ竿でもある程度負荷が掛かってしまうと飛んでしまいます。

 

トルクを秘めた感度抜群の石鯛ロッドは小さな餌獲りまで手元まで伝わる。

 

硬さ、軟さを言っても調子とはチョッと意味合いが違います。 

029

 

ハゲ竿でも叩く前提として先調子の硬調使用が殆んど。

 

誘いの叩きを入れヘリコプター感度のハリス2cmとか極僅かなアタリを穂先9:1で感じる。

 

022

 

いろんな竿を握ってきましたが、独特の専用竿の調子は面白く感じます。

 

どんな竿でも調子はありますが船竿記載で多い7:3とか6:4。

 

どの部分から曲を描く、竿のタメとトルクが掛かるモーメント部分。

 

_b_l___b_2

 

柔らかいとアタリから食い込みまでが警戒が少なく入りやすい利点。

 

しかし大物だと曲がりっぱなしでは中々、寄せきれないのもあります。

 

硬調の7;3くらいの竿ではパワーには強いが人間が負ける恐れが。

 

_b_l___b_1

 

硬い程、人に負荷が掛かり力も必要。

 

 

魚はリールで寄せるのではなく竿でタメ、竿で寄せるのが基本。

 

しかし、船の場合はリールに偏りがち。

 

獲り込みでポンピングすると針口の穴が広がりバラす原因になる。 

したがっては早く浮かせ、ある程度のパワーで巻き上げる必要が。

 

 

 

弱い竿で大物を獲る凄さは分かりますが、最初から負けごしの竿で狙うものが大きければ誰も使わないと思います。

遠投竿で3号サビキにて20キロ近いアラがサビキに掛かったイッサキに食いつき絡まり、底を切ったアラは簡単に仕留められた事が数回、実態例としてあるみたいです。

 

竿も揃えるのも安くはありません。

 

しかし、専用の竿は欲しいもの。

自分の武器としてこれからの大物との遭遇を夢見て。

 

 

俺自身、カンカンしてるシャキンとした竿が今まで好みでした。

 

1本は柔らかい竿でもと思い、新調しましたが今までに無いアタリからの入りが非常に面白い。

アタリを感じるから見るにやや寄りがちになってます。

 

見る、感じる、=聴くと言いますがまさに、竿は教えてくれるでしょう

 

 

専用の竿といっても長さや号数などあるので数種類になってしまう。

嫁からしたらどれも一緒で無駄使いにしか思われないんですがね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筒の中

2013-07-29 11:27:23 | 日記・エッセイ・コラム
7月28日 南西7m 波2m 中潮







竹細工で出来たウナギ筒。



石を組んで流れのY字方向に仕掛けたり中に餌を入れたりしてポイントに沈める。


最近はカニも海では取れますがカゴ網は規制があり許可申請が必要な所もあるので注意です。







一度入ると出れない構造。


ウナギは穴の中にこのんで入るのでよく昔は取れてましたが最近はあまり見かけなくなりました。

今年はウナギは高騰と聞いてましたがそれ以前に脂があれ?と。


輸入のヤツを食ったんですが頭は小さく脂はなくウナギかと疑問に(ー ー;)



また、別で頂いたモノですが。





宮崎産とは複雑な心境。

宮崎の規制はどんなものなんでしょうか。

全面捕獲禁止とは新聞で見たんだが。






この筒も大好きなもの。





出身地の黒竹輪。

イワシ竹輪なんですが、見た目から黒くイワシの味がする素朴な美味しいモノです。


地方ではあまり無いとは聞きましたが、九州西北部の方なら知ってますよね。



穴子釣りにでも行ってみたいが殆どウナギが掛かるようです(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九十九島トムソーヤ冒険 移動式イカダ釣り

2013-07-28 13:01:39 | 他魚種

7月27日  南西7m 波2m 中潮

 

 

 

 

つい先日、長崎匠会のヨッシーさんより連絡があった。

 

今度、移動イカダで子供達連れて、俺が知ってる方々との家族と一緒に釣りやBBQ、泳いだりするので子供さん連れてどうですかと嬉しい連絡があった。

 

 

是非、参加させていただく事に。

 

場所は佐世保市鹿町、旧北松の平戸東面の瀬戸を挟んで対面側。

 

迎パールマリンさんへお世話になりました。

 

004

移動させる船と40人乗りのイカダがドッキングしたものです。

これだと子供も安全でトイレもありBBQやいい位置に停泊して泳ぐ事も。

 

乗船にあたりはライジャケ着用ですがね。

 

肝心な釣りは、本格的に狙うならば別に、どんがめ号という遊漁船が乗り合い4500円でアジやイッサキ釣りに九十九島沖に朝7時から昼3時付近まで出航してるとの事でした。

 

しかし、イカダといってもバカには出来ない。

移動させる船でちゃんとポイントを抑えてイカダのアンカーを下ろし止めて釣るので撒き餌が基本となります。

 

水深40m前後、鉛40号でのサビキ釣りでアジ・イッサキ・真鯛まで狙える。

 

008

 

子供達も結構、来ていて直に仲良く。

 

こういう時は男、女に直に分かれるんですよね(笑)

 

009

逆光で暗かったですが、グッポジヨッシーさんとハンター信君も。

 

鯛ラバ竿を持って来てたようで、しかし周りが40号サビキだと軽い仕掛けは他の仕掛けを拾う可能性があり最初は様子見でサビキを。

 

006

 

最初はハヤブサさんのピンクツイストのスキン10号。

 

餌はアミを入れ、下カゴ狙い。

 

アジは底までカゴを落として、サビキ分巻上げシャクって巻き餌を出し、底まで落し軽く吹かせてやります。

そしたらコーンとアタリが。

 

010

 

25cm程度のアジ、一投目で付きました。

 

直に撒き餌を振り寄せようとしますがイカダが動いてかしまい状況はイマイチ。

 

船長も反応見ながら付けてくれるんですが反応はあってもアタラず。

 

他に見てると少し上がってくるのはサバ子、エソ、が多く直に見切りつけ移動。

 

011

 

移動した先は一投目から連掛けが始まり、イカダ上は戦場に。

 

子供も大人も関係なく暖簾掛けでバコバコ。

 

012

 

真鯛や大アジ45cm程度なども掛かりながらドンドン。

 

ココでなんかしたいのが俺の心情。

 

潮が止まり、食いが悪くなりかけた時に関アジ用の8本針、4-4-6のケイムラツイストを使用。

 

するとまたもやバコバコ。

 

017

 

しかし子供には長竿の40号鉛のスピニングは重くキツイみたいで2人かかりで。

 

018

 

最低2匹、最高6匹と連掛けばっかり。

 

 

本当はカワハギやりたかったんですがハギ竿でもアジ釣りしてみます。

 

022_2

 

9:1調子なんで先がチョンと感度はいいのだが大きいアジが掛かると途中でブチっとハリスか口を切ってバラす。

 

027

 

038

 

昼前には魚の鮮度も考え途中でストップ。

 

91匹ありました(爆)

 

 

021

 

子供達は釣りに飽きたころ、ゴムプールにて水遊び。

 

船で海水を汲み上げ大ハシャギ。

 

プールの中に釣ったばかりのアジや鯛を入れ摑み取り。

 

024

 

BBQの準備も。

 

028_2

 

後で一人で船外機でやってきたおかみさんが材料を持ってきてくれてBBQ始まりましたがみんなガブガブです。

 

040

食べた後は、もう釣りは釣れすぎなので泳ぎに移動。

 

034

 

浅瀬にアンカー下ろして停泊。

 

030

033

 

みんなジャバーンっと

 

 

035

1時間程度、遊んでそろそろ帰る時間帯。

 

帰りは皆喜ぶカキ氷。

 

044

 

皆、好きな蜜の色をかけていたんですが・・・・

 

045

(爆)物凄い色になっていた。

 

昼から天気がやや悪くなる予報だったがなんとか持ちこたえた。

 

052

 

釣果も皆で400匹オーバー、俺はケイムラ使ったせいか真鯛は来ず

 

 

043

 

いい夏休みの時間を過す事が出来ました。

 

今回、初めてイカダに乗り九十九島沖にでましたがアジの回遊がこんなにあるとは驚きでした。

 

今回、お世話になった方々、子供も喜び有難うございました。

 

来年も呼んで下さい(笑)

 

053

 

042

 

2013夏

 

055

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

トムソーヤの冒険

2013-07-28 10:26:58 | 日記・エッセイ・コラム
7月27日 南西8m 波2m 中潮






このブログ管理してるサーバーが何らかの不都合にて26日からPCからアクセス出来ません。
携帯では投稿出来るのですが画像使う制限値があり使えても画像2枚が限度。




今回のイカダ釣行は直り次第、書きますので。



トムソーヤの冒険




子供達もよく釣りましたよ^ ^






トムソーヤの冒険


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加