EG-GAME

西九州総合釣行情報

平戸早福 泳がせ釣り まるきんツアー

2012-07-31 00:00:00 | 船釣り

7月29日  南3m 波1m 若潮

 

 

 

年間の釣具のまるきんさんのイベントで船釣りツアーにフルエントリーしています。

 

今回、7月29日は今年ツアー3回目となる平戸早福港から烏賊餌での泳がせ釣りへ参加してきました。

 

 

005

 

早福の船はこういう形が多いですね。

 

 

今回、12名参加なので2艘出航。

 

 

007

俺は長幸丸の左舷後方に釣り座。

 

 

 

船アラは初めて。

 

磯からはあるんですが船から流しで烏賊泳がせで狙います。

 

023

012

仕掛けは前日に巻き替えたPE12号に船長が用意してくれるラインはナイロン60号位と思うのだが2本針。

 

043

活き餌のケンサキやヤリイカ。

 

※ この時は1本針にしてます。

 

 

前夜に船長が3桁近い数を釣ってきてました。

 

イケマの中はトンガリだらけ。

 

2本針だと掛かった時に掛かり易い利点はありますが烏賊の弱るのが早い。

 

 

捨て糸2mの長さで底取り2m、4m切って流しになります。

 

 018

 

昨日は久しぶりに興奮して寝れませんでした。

 

021

烏賊に針を通しイケマで活かし合図まで待ちます。

 

ホーン合図で鉛100号で水深60m前後を狙う。

 

024

 

底を一度取り、すぐさまテンション掛かる位置からカウンターで2m底上げする。

 

これで捨て糸2mと底上げで2m、合わせて4m上に活き餌の烏賊が泳いでる状態。

 

当然根物が生息する所が形状が激しいところ。

 

油断すると直ぐに根掛りする。

 

高低差、激しい所なので鉛とラインから伝わる感触で出し入れする。

 

30秒と同じタナは取らない主義。

 

直ぐに底付けし巻き上げてタナを小まめに調整しながら流していきます。

 

一瞬、烏賊が暴れたようなアタリで食い上げのアタリが出た。

 

 

一気にパワーオンしたが抜けてしまう。

 

 

その後、後ろの方に一気にゴーンと来た。

 

数匹居たようだ。

 

028

 

バット根元からひん曲がる!

 

しばらく格闘。

 

029

まるきんの山口さんもヘルプに入る。

 

 

数分格闘の末に上がってきた奴!

033

上がったのは10キロ近い政でした。

 

 

烏賊餌だと何が来るか分からない。

 

来れば大きいとは聞いてましたがワクワクします。

 

 

025

陽が上がり始め暑くなってきた。

 

 

底を取り直し一回10m上まで上げて尚、底取りで誘いを掛けるとモワーンと穂先が揺れたらガスーッと竿が突っ込んだ。

 

瞬間で待てば良いものをちょっと早かった一気にパワーオン!

 

直ぐに抜けた感触が・・・・

 

036

餌は半分、食いちぎられる始末。

 

本命だったらと妄想はするが掛けないと意味がない・・。

 

 

034

数回流すがアタリがないまま移動となり五島列島付近まで。

 

 

026

 

このポイントではすぐさま烏賊に反応がでる。

 

アタリはあるものの食い込まない。

 

中には穂先が入ったがおじぎしただけで跳ね上がって穂先は戻る。 

烏賊には上げてみると縦に歯型がガサーっと傷が。

 

その都度烏賊は変えていきます。

037

暑さは最高潮!

 

気を抜けない、絶対掛けると意気込み。

 

大量の水分補給をしながら底取りはマメに調整。

 

 

そして待望のアタリ・・・

 

 

烏賊が暴れる反応、穂先が揺れ始め2m底上げをこの付近では1mに調子していた。

 

穂先がある程度まで入り今度は食い上げた。

一気にパワーオンと同時にアワセを数回入れ込む。

 

フルドラグでガチガチにこれ以上無いと言うくらい絞め込んでいたが巻上げで数回モーターが止まった。

 

まあまあの型だがすんなり上がってくる。

 

竿はそれなりに曲がって両手押さえだったのだが。

 

海中から泡が立ちゆっくりラインを手繰り寄せると底から薄ピンクの色が見えた。

 

 

はぁ~・・・・・・

 

039

何故、いま君が来るんだ!

 

ちょっとムカついた。

 

040

74.5cm 4.1kg 体の割りに痩せていたんでのっこみ時期だと大分ありそうな形でした。

 

 

複雑な心境、FBでつぶやいてみました。

 

 

 

最後の一投まで気を抜かず頑張りましたが帝王はそう簡単には来なかった。

船内、2回ほどアラのアタリはあったみたい。

 

途中まで浮かせていて針外れもあった。

 

 

最終、2時半納竿だったが平政と俺の鯛とハタが上がり難しい釣りでしたが非常に面白く俺は最高に緊張と攻めと頭の中は海底の地形読みでMAX状態でした(笑)

 

 

もうシーズン終盤、もう一回行きたいのだが予約とれんだろうなぁ

 

 

すぐさま落とし込みシーズンも到来する。

 

 

なんでもそうだが夢は簡単に叶う時もあるかもしれないが追って追って行かないと釣れない。

 

いつかは叶うと信じてやるのも釣りの醍醐味。

 

もちろん型を狙うのは当たり前だがマズは掛けて獲るまでのプロセス。

 

俺が一番重要視するものであります。

 

 

しかし真夏の海でしたがやはり海はいい!

 

夜になると何処にいるか分からんごと日焼けして真っ黒。

 

子供の日焼けには負けられん!(笑)

 

 

020 

 

またいつしか会いに来るで~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

</object>
YouTube: さよなら夏の日

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

烏賊餌泳がせ釣り

2012-07-30 00:00:00 | 船釣り

7月29日  南4m 波1m 若潮

 

  

 

 

 

 

 

 

020

 

行って来ました五島列島付近へ。

   

 

 

烏賊泳がせ釣りで運良ければアラが来ればいいと思ってました。

 

 

 

028

 

何が来るか分からない。

 

 

来れば大きい!

 

 

 

 

 

眠たくてしょうがないので明日、記事はアップします。

 

申し訳ございません。

 

 

034 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物作り

2012-07-29 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

7月28日   南3m 波1m  若潮

 

 

 

 

 

 

世界に誇る日本の物づくりの技術は凄い。

  

 

 

Img_4920

 

パワースイベル。

 

1/0で引力189kg、2/0だと200kg超します。

 

 

小さなものでこれだけの対応性があるのは技術の凄さが分かる。

 

 

 

 

しかしこれを使用する仕掛けがあるんだから魚の引きは相当なもの。

 

 

 

 

Img_2021

 

さぁ、今夜は寝れそうにないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランクアップ

2012-07-28 00:36:29 | インポート
ランクアップ
7月27日 晴れ 南4m 波1m 小潮







---- ラインをPE12号に変更。




釣れたらいいが^^;

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Flash Back

2012-07-27 00:00:00 | 町内

7月26日   北東3m 波1m 小潮

 

 

 

 

 

梅雨も明けて夏本番。

 

 

 

我、町というか町内では今では少なくなった祭ばやし。

 

 

 

Img_6608

 

俺もこの町に定住して7年目。

 

 

それまではちょっとした都心部で暮らしていたんですが、何も無いといったら失礼なんだが最初はそう思っていました。 

 

しかし街ではない人のあたたかさや気づけばバックサイレントに虫や山の音など。

 

ド田舎といってしまえばそれまでなんだが今では凄くいい所に思えます。

 

 

Img_8756

 

子供たちも騒ぎ、大人達も互いに気遣う。

 

スイカを食いながら花火の光に煙りに巻かれて。

 

 

 

 

 

 

 

今では隣に誰が住んでいるか分からない時代。

 

こういう昔ながらの風習も正直前は敬遠がちでしたが今では溶け込むまでなりました。

 

 

太古の音や狐の仮面をかぶったのが出てくるのではと思わせる。

 

 

Img_7719

 

月夜の下で山の神社で灯火が一時の夏を感じられる。

 

 

Img_5990

 

昔はこういうの俺は見た記憶があったような・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

</object>
YouTube: 花火

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加