EG-GAME

西九州総合釣行情報

Unaging 2

2011-05-31 00:07:45 | 他魚種

5月30日    北3m  中潮

 

Img_1151

夕暮れ時、伊万里河口付近。

だいぶ陽も長くなりましたですね。

Img_0570

何処とも無く、誰が決めたか鈴の絵文字でチリンチリ~ンが集合合図。

 

本日も、じゃんけん高橋さんと山浦君が合流。

 

後でKさんも合流連絡がありました。

 

Img_2432

今夜はウナギ釣り。

前回、まだ走りでしたので雨上がりもあり再度狙うことに。

 

ココは河口が広く、何故かアタリ易いポイントがあります。

 

通称 コーナーが一番のポイント。

 

マズメ付近から狙い始めますがアタリは頻繁にあり餌が持たない状況。

しかし針掛かりがなく外道なんでしょうね。

 

ウナギは頭を振ったアタリがガンガン出ますので途中で止まったり渋いモワンモワンから止まったりしたら外道と直に分かります。

 

Img_0153

じゃんけんさん、山浦君が合流。

3人で5本入れ込み。

 

穂先には鈴。

Img_7026

餌は小型のドバミミズ。

 

外道らしきアタリがあってましたがしばらくしたらアタリさえ無くなってしまいました。

 

Kさんが場所が分からなくウロウロしていたらいいのが無事に到着。

 

4人で7本入れ込み。

 

メイタがチラホラ出てくる。

 

Img_3396

Kさんに本命HIT。

初ウナギングで初モノ。

嬉しそうですね。

 

Img_2678

「まっ!また釣れたですか?」

2本目。

Img_2377_2

本当に釣れて来たですね。

 

 

Img_2724

  

俺にアタリがあり合わせると上がってくるのはメイタ。

ガッカリです・・・。

Img_5136

Kさん好調で連続4本。

 

中々、他の方にアタリはありますが乗らないか外道。

 

夜9時、風が出てきて時合いも修まり終了としました。

 

4人7本竿だしで4本のみ。

Img_9655

そうしているとじゃんけんさんにヒイラギが当たっていました。

この魚は30年程前に投げ釣りでよく釣れていたんですが滅多に見なくなりました。

 

Img_9328

また雨後に狙って見ます。

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

オールライト

2011-05-30 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

5月29日   北西8m  中潮

 

本日は当然の事ながら雨。

台風の影響で風は吹いてましたが反れたのでそう大した影響はアリマセンでした。

 

子守もあり、昼から釣具のまるきんさんへ。

偶然なのかえく知り合いばかり会います。

 

じゃんけん高橋さん兄弟、山浦君も居ました。

 

Img_9590

午前中は宝石箱をあけ、スカート&ネクタイを変更したりフックを変更したり。

 

 

Img_3172

コレまでスピニングリールで やってましたがダメではないのですがラバのフォール中のアタリ。

やはりベイトリールが当たりを取りやすい。

スピニングだとスプールから回転したようにラインが出て行くのでティップ部分にバタつきが出ます。

対策としてサミングしながらフォールしますが若干のブレーキがかかりスムーズなベイトリールがいいみたな感じです。

 

負担も少ない。

 

Img_9873

で、手頃な価格のベイトリールを追加。

両軸リールは底物用しか持たなかったんですがライトは初めて追加です。

俺はシングルハンドルが好きなので右巻きシングルを選択。

Highギア 77cm/巻 6kgドラグ。

小さいながらPE2号で200m巻き。

 

これで6000円きります。

 

1号を底上げし200m巻きます。

 

となるとベイト用のロッドも必要。

Img_9485_2

ベイジギング用の63XHBと組み合わせで150gまで負荷が可能。

 

エギングロッドより細くバットの腰が張りがある。

ティップは食い込み重視のソフトよりもカンカンな感触で手動で送り込む方が俺のタイプです。

 

ライトジギング用ですが青物も来ますし根魚も方が大きい。

 

状況でエギングロッドがいい時もあるので組み合わせで使いますが道具が揃うと早く行きたくなるのは俺だけであろうか・・。

 

まだカタログに載ってないような・・・かなり手頃価格なのだが。

 

</object>
YouTube: 「さらに釣れる」ベイジギング 2【DVD告知】

 

 

 

 

 

</object>
YouTube: ベイジギングの基本タックル(1) 「ラバージグ,インチク,ロッド,リール」

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

トルネード

2011-05-29 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

5月28日   北北東7m 若潮

 

またもや雨の一日。

 

本日は鯛ラバでも行こうかと思ってましたが台風も近づいており船が欠航。

ましてウナギもこう濁り増水しては悪影響。

 

Ex

水温も冷水塊っぽい感じですね。

釣果にはそう影響はでて無いみたいですが。

 

なので今日はOFF日。

 

息子が休みなので一緒に休日を。

ひょんな事からピザが食べたいとか言い始めました。

佐世保市内の広田付近にあるパン屋さんへ。

Img_2240

パン屋さんにランチがあるのですが500円にてサンドかバーガー、ピザがメインになり回りの女性が好きそうな甘いもモノは付いてきてコーヒーorオレンジジュースと低価格で美味しいものが食べられます。

 

近くのハウステンボス近くの大村湾。

ちよっと見ていたらなにやら大群が。

Images_2

ボラでした。

 

冬場の沖ボラはヘソや卵巣で作るカラスミは有名ですね。

Images_1

 

ヘソを好きな方は結構いらっしゃいますね。

 

 

ボラは群れをなしたら何故グルグル回るんでしょうかね。

Images_3

トルネード化してます。

 

ボラ釣りも赤土交じりのマキエでサビキでも釣れますね。

専門でやっているご年配の師をお見かけ致します。

 

</object>
YouTube: モンスターシーバス130cm?

 

 

 

 

 

 

コレはおっそろしいです。

烏賊もボラを追っかけますからね。

 

Images_2_2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Unaging 開幕

2011-05-28 00:55:24 | インポート

5月27日   西4m  長潮

 

 

こうも雨が降ると梅雨に入ったのかと思うこのごろ。

海も濁りがやや出始め悩まされる時期になってきます。

 

この時期、雨が降ろうとも・・・いや雨が降ればいいタイミングでやれる釣りがあります。

014

 

今期初、ウナギ釣り。

 

仕事が終わり、一旦帰宅したが雨が小雨。

昨日は増水した河口で濁りもきつかったが1日明け、濁りがやや取れた感じでした。

あんまり濁りが強いと良くはありません。

すこし取れたくらいがいいみたいです。

 

久しぶりに一人でしたがウナギングでもと思い嫁もいいよと言ってくれたんでメシも食わず釣行。

Image124

場所は伊万里の河口。

日中下げの時の状況だが河口といえど流れの筋があり川溝、駆け上がり、障害物によるポイントなど見れる範囲のポイント探しは夜間、非常に役に立ちます。

 

餌が天然のドバミミズを掘る時間がなく釣具のまるきんさんへ市販のミミズを買いに行くと見慣れた車が。

 

店内に山浦君がいて今から行くのを伝えたら道具もあるんで即ご一緒に。

 

山浦君は青イソメを購入。

 

現地に着くとこれまた見慣れた車が・・・・。

驚きの、じゃんけん高橋さんが居ました。

 

殺風景な場所へ偶然というべきウナニストが集まった。

 

ウナニストというと若夫婦さん、anglerさんもそうだ。

 

今期初なんで走りの状況がどんなもんかと確認へ。

Img_0047

今回、俺が用意したのはロッド2本。

エギングロッド PE08にリーダー8号3m ナツメ中通し8号。ウナギ12号針+3号ハリス30cm

 

 

投げ竿3.6m ナイロンライン4号 ナツメ8号、以下同文。

 

夜間でもアタリが分かるように穂先に鈴を付けます。

 

山浦君はキス用の投げ竿。PE08ライン

 

じゃんけんさんはエギングロッドとバスロッド。

 

Img_5004

餌はドバミミズ(市販養殖)。1箱15匹程度。

 

山浦君とじゃんけんさんは青イソメ。

 

イソメでも釣れますが外道も来易い。

竿はじゃんけんさんが2本、山浦君が1本で計五本仕様です。

 

Img_6023

ファーストヒットは山浦君でしたが残念、セイゴでした。

リリースします。

 

餌獲りのアタリが出始めます。

回収すると餌が無かったり半分取られたりしています。

じゃんけんさんにも「チリンチリン」と暗い中で鳴いてます。

Img_6437

おお!本命第1号。

皆、テンションが上がります。

手返しをよくしてやりなるべく新鮮な餌の付け替えが必要です。

 

Img_2191

山浦君とじゃんけんさんにもアタリがありメイタが上がりました。

小さいのでリリース。

 

若夫婦さんへじゃんけんさんの釣果をメールしたら「何で誘わんかったんですか~!」と怒られてしまいました(爆)。

 

干潮の海底の丘が見えてきました。

自然とアタリも遠のきます。

 

小まめに餌の付け替えをしないといけませんが根ガカリや海底はカキガラが多く、ラインを傷つけてしまいます。

 

俺に早速来ました。

Img_1492

が・・・、かわいいウナギでしたのでリリース。

 

メイタがちょこちょこ上がって来ますがお二人リリース。

 

Img_2951

俺にもう1本追加です。

 

 

暗い中で鈴の音、いいもんですね~。

 

 

 

これからベストシーズンに入りますが型は小さいがボチボチと。

 

小雨の中でも楽しかったですよ

雨上がりにチリンチリンと響くかもですね。 

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨魚

2011-05-27 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

5月26日   北東 ⇒ 北西2m  小潮

 

 

梅雨入りする前に俺はいつも狙っている魚がありました。

磯からカゴで夜間狙う当たれば爆釣になりクーラー満タン。

Images

九州ではイッサキといいますね。

イサキが本来の名前なんですが似た魚でこのようなものが。

Akaisaki

赤イッサキとかいいますが実はフエダイの仲間らしい。

 

Images_2

よく行っていたのが中五島ヘボ島。

岩礁地帯にイッサキの回遊が回り、群れで入ってくる。

 

昼間でも釣れはするんですがメインは夜間。

Images_3

こういう潮が早く通す脇のやや緩んだ潮目付近に溜まりやすい。

しかしハズレればアジ地獄やキンギョ地獄。

餌はカゴ、付け餌共にボイルを使います。

Images_1

オーソドックなカゴなんですが俺は伊万里カゴを使い電気ウキ3号程度で流します。

 

ただ針は2本や3本のスキンサビキを自作で作り時合が来た時に使用。

針にピンク色のコン〇ームをハサミでダイヤ型に切り針を結ぶ時に咬ますだけ。

餌は付けますが外れてもアタル場合があるので有効ですよ。

 

予備でコン〇ームを釣り着などに入れていて忘れて洗濯など出せば台風が来るので注意です。

Images_4

外道で真鯛は嬉しいですがオジサンがよく釣れたりします。

タナ調整がイッサキは上層に上がるのでオジサンが釣れる時はタナが深すぎなのかも。

 

 

今の時期のイッサキは脂が乗り、腹はパンパン。

型が6~800近いサイズが入れ食いしたりするから面白いし何といっても美味い。

肥前鳥島のイッサキは2キロ近いやつが釣れたりすると聞いた事があります。

 

これからシーズン、船からの夜焚きや日中のサビキ。

磯からもカゴはもちろんフカセできたり、ルアーにも追ってきますのでターゲットになります。

短期間でシーズンは終わりますが産卵後のイサキは痩せてしまいあの美味さは何処に?となってしまうからですね。

 

夏のイッサキは数は釣れますが型落ちして500止まりの奴が多くなります。

 

刺身はもちろん塩焼きやから揚げ、煮付けにバター焼きなどどの料理でも抜群に美味いです。

 

 

イッサキは船から3号サビキで狙ってイサキが掛かったのはいいが下からアラがそのイサキに食いつき3号のハリスが絡み30キロを超すアラが1度ならぬ2度上がったと伝説の釣行記があります。

 

ちょっとムズムズ感が久しぶりに出てます(笑)

 

012

 

 


YouTube: IDR F礁で狙う夏のイサキ

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加