EG-GAME

西九州総合釣行情報

鉛形

2017-07-18 00:36:18 | 船釣り
7月18日 南西6m 波1m 長潮 月齢24.0 旧暦閏5/25






日中、腐る程の猛暑(-。-;


仕事で佐賀まで行ってましたが36度まで上がり、ゲリラ雷雨まで。



このところのにわか雨でも雨量がやたら多い。



早く梅雨明けして欲しいものです。






先日のイカ釣りの出来事。








鉛の形状で良かれと思い購入したのですが。



形状から落下する速度は抵抗も考えこのような形になってると思います。



落ちる速度は速い。



人より早くは釣りでは良くあること。


速さは手返しでも重要で回数重ねる毎に魚が付いていれば釣果の差は歴然。








鉛には色んな形状がありますが、始め使っていて違和感で通常使う船鉛に変更しました。



違和感というのが底に着くまでは良いのですがその後なんです。


誘いを入れる為にシャクリをするのですが、シャクリ上げ切る手前からシャクリ上げ止めた直ぐまでラインから伝わる感触がプルプルと。



多分、鉛がシャクる抵抗でヒィンが付いてる側から水流が発生し鉛が回転してるような感じになります。



船鉛に交換するとなくなり、アタリが取りやすく感じる。



鉛の形状はナス型や六角型でも良いのですが、底に障害物が多いと根掛かりの原因にも。



中にはホコ鉛の棒状を使う釣りもあり根掛かりが多発するトコは良いのですが、潮受けしやすく飛ばされ易い。


鉛が落ちる時に舞い易いのもデメリットもあります。



用途に選び使いやすくある物。


徳用で数が欲しいのであればナス型もよいと思います^ ^





号数で変化は他の釣り客もある時には一人だけの変更はタブーです。オマツリの原因にもなるので注意ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏イカ玄界灘夜焚き | トップ | 最後の雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

船釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。