to-boketaG の春夏秋冬

思いつくまま・・の記
土曜日に更新と決めています。
県林業試験場の森から見上げた初冬の空  28.12.2

299-281015スイミング、もう気おくれしないですむ

2016年10月15日 | スポーツや趣味

 前の家の柿の木、一つだけが残った

 

長年スイミングにあこがれていた。しかし若いころに患った

中耳炎で左耳の鼓膜に大きな穴が開いていて実現できなかっ

た。昨年自分の皮膚の下の筋膜を採取して欠損箇所に貼り付

け鼓膜の再生を促す手術を受けた。期待したほどには聴力は

回復しなかったが、穴はふさがり、執刀医からスイミングOK

の許可が出たのが1年半前。それでも用心して半年は様子を

ていた。再度診察を受けて保証されたのが1月のこと。用

具を揃えて月に半世紀ぶりに水に入った。

 

用具といってもスイミングパンツ、キャップ、ゴーグルそれ

耳栓締めて7000円ほどの出費、スキーやゴルフに比べ

ればなんと安く済むことか。利用者登録すれば一回200円

で懐には大変優しい。時間無制限だが現実には2時間が精一

杯。 子供の頃そこそこには泳げた記憶があるので、抱いたイ

メーでは25mくらいは問題ないと思っていた。どっこい

問屋は卸さなかった。壁を蹴って数メートルで沈没。そんな

ことを15回ほど繰り返したか。

利用者の8割は女性。一般認識で言えばおばさまとお見受け

女性が見事なクロールで泳ぐのを横目で見ながら、恥を忍

んでプール通いを続けた。いい年をした初心者風情がと思わ

れるのもシャクなので教室も入らなかった。当時のお手本

はインターネットで見た動画。それなりに悲壮な気持ちで頑

張り、5月には25mを泳ぐことが出来るまでになった。 

 

 

庭のカエルは意外なところで人待ち顔。

 

そして夏がやってきた。屋外の50mプールがオープン。や

とこさではあったが50m完泳できるまで更に進歩した。

ところが夢中になりすぎて右肩を痛めてしまう。20日間プ

ールから遠ざかり痛みの引くの待つ。そして再開。暫く休ん

だせいか力みが消え25mプールを往復余裕で泳げる。しか

し今はさらに折り返すだけの力はない。それでも2時間弱の

間に休み休みだがトータルで4~500mを泳ぐことができ

るようになった。今後は教室に入って基本を会得する必要を

感じる。恥じ入る必要はもうないだろう。一時はやはりだめ

か、プールを歩くだけで良しとしなければいけないのかと悲

観的になったことを考えると長足の進歩。

 

利用者の大半が女性と書いた。50代から70代とお見受け

る初老の女性が圧倒的に多い。時に高校生と思われる若い

女性を見受ける。無駄な脂肪はなく、かつ若い女性らしい柔

らかさを持って競技用水着からすらりと伸びた手足や胸のふ

くらみがまぶしい。こんな光景は身の回りには存在しないの

でわが身の幸運に感謝する。強いとは思っていたが改めて女

性の元気の良さ、したたかさい知らされている。

 そして、

25m以上泳げることが条件の中級下教室に参加した。その

日に言われたこと。「25m4回休まないで・・」 悔し

いがその力はない。自分のペースでは何とかなるが、皆さ

んと調を合わそうとすれば明らかに体力の限界を超える。

早々落を宣言し教室を外れる。沈没時期には見えなかっ

たレルがここにもある。いずれの世界も同じだなと思い知

る。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 298-281008XP搭載のLet's Not... | トップ | 300-281022コタツ書斎の5年... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL