to-boketaG の春夏秋冬

思いつくまま・・の記
土曜日に更新と決めています。
初冠雪の鹿島槍ヶ岳。五竜岳 唐松岳と続く H24.10.30

297-281001東京豊洲市場、盛り土が独り歩きと思ったが

2016年10月01日 | 最近さわがれること

 城下町小幡で見かけた懐かしい看板

 

東京築地市場の老朽化に伴って,その移転先とされる豊洲市場へ

の移転で大きな混乱が生じている。東京都の知事に就任した小

さんの活躍ぶりが連日テレビで報道され、他府県の住民である

もその成り行きに注目する。小池知事とは同じ姓を持つ身とし

関心が高まる。ありふれたこの地味な姓がこれほどマスコミを

わせたこは知る限りかってないことだ。  

いくつかの建築に関係し多少の知識を持っていると思ったので気

いたことを表題にし、本文にするつもりだったが投稿直前まで

の報道で新たな報を知るに及んで拙い原稿は没にした。

 

9月27日夜10時からのNHKテレビ「クローズアップ現代プラ

ス」に小池都知事自らが出演、翌日の議会の所信表明で今までの

経緯そしてこの問題をのようにしようとしているのかを聞き、

思っているよりはるかに深刻な深い闇が存在し、豊洲の汚染土

壌問題をクリアーするだけで済まないことを知った引退した年

老人がしたり顔で云々するには問題が大きする。

 

豊洲問題はきっかけであり、東京都の行政を牛耳っているとされ

る内田某というご仁が暗躍する伏魔殿のような都庁の内幕、どこ

の自治体でも規模の大小はあるが入札に関わる不透明な慣習(誰

が落札するかは事前にほぼ決まっている。秘密のはずの予定価格

に限りなく近い額で入札される等々)の謎、個々人は優秀なる行

ンなのに組織に組み入れれるとその良識が埋もれてしまう

政組織の問題にまでメス入れようとしている知事。改革に対

る強い決意がたぎっているのを感じる。

 

「鉄の女」と評されたひと昔前の英国のサッチャー首相を見るよ

うだ。総理の言ではないが、大した度胸の持ち主と思う。

冷静にして穏か、間を埋めるだけの無駄な接続詞のない話し

はテレビキスターとして磨かれたものだろう。相手を魅了す

性らフトな笑顔の内側で知事は失うものは何もないと

を懸けてかもしれない。その一念を貫きとおせるか?

論評だけなら知事ひとりでもできる。きっかけにされ、軌道修正

影響をもろに受けた市場関係者のためにも有能な人材を駆使し、

部を追うとせず、優順位をつけ、早期に実効ある成果を期待

したい。

知事選以来連日の活躍で少々疲れた様子も見える。元気とはいえ

暦を越えての重責、知事の健康を祈る。問題の大きさを考

与えられた時間もそう長くはない。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 296-280924いまふうに言えば... | トップ | 298-281008XP搭載のLet's Not... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL