to-boketaG の春夏秋冬

思いつくまま・・の記
土曜日に更新と決めています。
幸手市の権現堂公園にて  29.6.17

330-290520本当にささやかな地域貢献

2017年05月20日 | もろもろ

 今年も赤城神社の参道のツツジは見事でした。

 

四月に町内の長寿会に参加したことは以前に本ブログに書いた。

その場で要請されたのが町内の小学校生徒の下校時に交差点で

守りをお願いしたいということだった。現役時代の出勤時にお母

さん方や制服制帽の年配者がやっておられたあれだな。と受け止

める。すこし憧れていたあの警察官みたいな制服制帽で恰好いい

なと思う。そんな時が我が身にもやってきたのだ。聞けば月一回

担当してくれればいいという。一も二もなく引き受ける。しかし

あの恰好ができるとの期待は一瞬で消えた。帽子と旗だけ持てば

いいですよ、月一回の午後の30分だけだから負担にはなりませ

んよと先輩がおっしゃる。そうかあの制服制帽は関係ないんだと

すこ~し落胆する。数日して長寿会長さんが緑の帽子と旗を届け

てくれた。

 

そして5月の当番の日がやってきた。朝から落ち着かない。30 

分も早く担当する交差点でその時間を待った。黄色のカバーを付

けたランドセルを背負い、黄色の帽子をかぶったのが新1年生。

数人の1年生を中に挟みその前後を2年生以上、最前列と最後尾

を6年生が固めて、15人くらいの生徒集団が生に率いられて

姿を表した。さあGさんの出番。信号が青に変わると車道の半ば

くらいまで進み、サッと旗を水平に間に差出す。停まった車に向

かって少し頭を下げる。反対側も確認し生徒の集団を向こう側に

せかすように渡す。可愛い生徒達は口々にさようならと言いなが

ら眼前を過ぎていく。信号が代われば停車中の車に頭を下げ生徒

の安全に協力してくれたことに謝意を表す。こんな動作を数回繰

り返し、先生からありがとうございますと挨拶を受けてお役目は

終了。30分と聞いていたが15分で終わってしまった。学校か

ら先生方が各下校方面の最初の信号まで引率してくることを初め

て知った。

赤城神社の参道はこんな花道が南北に2km続く、標高差は200mくらい。 

上毛電鉄の大胡駅構内にて。いきなりのガラクタ写真で恐縮です。

 

息子たちがこの学校の生徒だった頃すでにこうした集団登下校は

施されていたと思う。朝は生徒の父母がこの役目をやっていた。

私はつれあいに任せて一度もやったことはなかったが。帰宅時間

帯は父母はあの当時以上にお仕事の真っ最中。ここで出番が爺さ

ん方に回ってくるのだ。老婆がいないのはなにか理由があるのか。

孫たちもこの恩恵をそれぞれ住む地域でお世話になっているはず

だ。Gも頼まれればやらないわけにはいかない。ほんとにささや

かな地域貢献だったが、その晩の酒が一段と美味かった。

元気なうちは継続しましょう。

同じく大胡駅構内にて。巨大なチェーンに見えなくもない廃車された電車のボギー車部分。

そして麦秋。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 329-290513ある場所に必ずそ... | トップ | 331-290527「鶴瓶の家族に乾... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ikiktasogare)
2017-05-25 20:51:37
児童横断中の旗懐かしいです。
子ども会の世話をしていた昔を
思い出しました。今は、子どもの
話し声は、街中では、聞こえなくなくなりました。壮健のことと、拝察しております。足跡だけで、失礼します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL