不良品を中国で生産し日本で売りさばく韓国メーカー「トレクスター」とスポーツ用品ミズノのあくどさ

トレクスターと言う韓国メーカーの粗悪品登山靴と粗悪品靴下を製造販売するミズノを告発するサイトです

今年の甲信、上越山旅の長距離歩行で質の良い靴と靴下が活躍!粗悪品ミズノの靴下や粗悪品トレクスタの靴では遭難したかも

2017-11-24 23:00:38 | 山歩きと山用品
靴下と靴はやはり本物を!

不良品専門の大阪南港のミズノの粗悪品靴下や朝鮮半島の粗悪靴トレクスタでは山歩きで命取りになる場合があります。

今年も甲信山旅や 上越山旅で長距離の山歩きをいろいろとしました。
またこれからは本格的な雪山のシーズンです。


特に雪山では 不良登山用品が命取りになることもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろいろと試して現在のお気に入りの靴下です。
まず足底のアーチサポートタイプの5本指靴下を履きます。
その上から 登山用靴下を履きます。上履きの靴下は クッション性、通気性と保温性を兼ね備えた繊維だと 
商品タグに書かれています。

私が良く買い物をするスポーツオーソリティやヒマラヤ、モンベルショップのトレッキングアドバイザーの方は
「靴下の二重履きは靴の中で足がずれて 疲れたり指を痛めるのでやめたほうが良いです」と必ず
仰いますが、昔から靴下の二重履きはやめられません。

足をきゅっと包み込む五本指靴下の上からクッション性がある厚手の靴下を履くと 丁距離を歩いても
あまり足が疲れないように思います。あくまでも私個人の感じ方ですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今履いている靴です。
イタリア製のシリオ社のくつは 底が硬く、12本爪のアイゼンをきつく締めこんでも全然反らないので
主に冬山で使用しています。岩場歩きにも 足首が安定するので 向いています。

ニューバランスの靴は底が柔らかいので 低山のトレッキング用に使用しています。
モンベルの靴は底が適当に柔らかく、かつ10本爪アイゼンも装着できるので非常に重宝して履いています。

「粗悪品のトレクスタ」は2度痛い目に会っているので 捨ててしまうつもりでしたが 裏山の岩湧山程度の
散歩用に使っています。この靴を朝鮮半島の会社とは知らずに買ったのが間違いでした。

この靴の前は 旭靴製造の「ブルックス」を長い間履いていましたが 製造中止になったので やむなく
トレクスタを買ったのが間違いでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年の山歩き 甲信山旅と上越山旅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靴下の使用例です。これは巻機山で履きました。靴はケースバイケースで使用していますが もちろん
「粗悪品トレクスタ」は使用していません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金峰山 累積標高差1300m  歩行距離20km  歩行時間 9.5時間(30分の休憩含む)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瑞牆山  850m   8km   6時間 (休憩なし)       
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

甲武信岳山頂から 金峰山の向こうに左北岳、右甲斐駒  1100m  18km  8.5時間(休30分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巻機山  1360m  13km  7時間(休30分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

武尊山山頂から歩いてきた中岳、家の串、剣が峰を振り返る
     1250m  14km  9時間(休30分) 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他1 大菩薩嶺 歩行3.5時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他2 草津白根山 歩行3.5時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪な山用品による あわや遭難紙一重の事故について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品 「トレクスタ 登山靴」ケース1 

朝鮮半島の会社が登山靴の技術やノウハウも無いくせに安い中国で製作して日本で高値で売り暴利を貪る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒ケ岳を歩いたときです。山頂から駒の小屋を見下ろしたときです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6時間かけて登頂し 順調に下山していたのですが、トレクスタ登山靴の内側から 何か硬いものが突き上げてきて
次第に痛くなり、小倉山でついに歩けなくなりました。最初は靴の中に小石が入り込んだと思ったのですが
靴を脱いでみても何もありません。しかし内側を触るとなにか硬い突起があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初から突起物があれば この靴を買いませんし、始めは何も無かったのです。座り込んで思案していたら
たまたま下山中のアメリカ人二人連れが「どうしたのか」と声を掛けてくれました。

状況を説明すると 二人はかわるがわる靴の中を触り「靴のテクスタイルの間で 中間のシートが撚れて
塊を造っている。カッターで切ってみればどうかなあ」と言い、三人でカッターで切ってみたら 粗不思議
嘘のように塊は無くなりました。

これで下山できます。まさか裸足で歩くわけにも行かず 二人のアメリカ人に丁重にお礼を言って三人で下山を再開
したのですが、なんせ彼らは背が高くて それに足が長く 私はどんどん遅れだして「先に行ってくれ」と言うと
横浜まで今日中に帰らなくちゃといい、あっという間に消えていきました。

この山はとてもタフなコースで いままで歩いた日本の山で最高にグーな山だと言っていました。
上の写真は 私を助けたあと ビューポイントで 越後駒の遊子を眺めて感激している二人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒を歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒の高度記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪に戻って この靴を購入した コムボックス光明池店の「スポーツオーソリティー」へ持ち込んで
文句を言ったのですが、オーソリティーは「当店は単に売っただけなので メーカーに送り調べさせます。
と言うだけで 「当店は知らんけん」の一点張りです。そのとき この靴が朝鮮半島のメーカーだと初めて知りました。
知っていたら絶対買わないのに。

後日連絡があり、「突起が出ている状態だと調べることが出来ますが この状態では何も分からないけん
トレクスタも知らんけん」ということでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
登山なんてやった事無い 朝鮮半島の奴らが 技術ノウハウも無いくせに 登山靴を作って売るなんて
とんでもないやつらです。

登山を知らない君たちに教えてやろう。

越後駒ケ岳は 日本有数のロングでタフなコースなのだよ。
どこの馬鹿が 12時間も歩くのに スペアの靴なんか持ち歩くのか。

無知な奴らはとんでもない事を言って逃げたのです。
靴を脱いで 裸足で歩けばいいのに と言いたそうでした。やっぱ ドモならんわ あいつらは。

写真はコムボックス光明池店の靴の修理やさんで 600円で修理してくれました。
切断面を接着剤で固めて、内側に薄くて強いシートを貼り付けて 内側のシートとの段差をなくすべく 
よく研磨してくれました。履くとなかなか調子よいので 近所の山歩きにしばらく使用していましたが、
この靴の傷を見るたびに あの朝鮮半島の奴らの狡賢さを思い出すので しばらくしてこの靴を捨てました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品 「トレクスタ 登山靴」ケース2

残ったもう一足の粗悪品トレクスタを短距離歩きに使っていたが 二度目のトラブル発生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬のある日 日帰りで樹氷の名所「三峰山ー奈良県と三重県の県境」へ出かけました。
残ったもう一足のトレクスタは まさか 短距離では大丈夫と思ったのが間違いでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山開始してしばらくしたら アイゼンの金具が足の甲に食い込んで痛くて歩けなくなりました。
この山は人気の山で大勢の人が歩き回り、登山道はツルツルなので アイゼン無しでは危険です。

そこで ハンカチを折りたたんで 靴の中に差込み、靴の内側と靴下の間にクッションとして入れました。
するとなんとか 痛いけど歩けるようになり、我慢して下山しました。
雪道を長年歩いているけど こんな事は初めてです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この朝鮮半島の靴は何をやらしてもどないもならんなあ。
雪の無い里山歩きくらいしか 能のないやつやなあ。山歩きも知らんくせに ゴアテクスの靴なんか造るからや。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰山の記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰山の高度記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポーツ用品ミズノの「粗悪品靴下」について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新品のこのショート靴下を履いて その上に登山用靴下を履き、いつも行く「世界文化遺産大峯奥駈道」
へ、和佐又から大普賢経由伯母谷覗きというロングコースに出かけました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩き始めて約1時間で 奥駈75靡き第62番「笙の窟」に到着しましたが、左足に何か硬いものが食い込んで
痛くて歩けなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靴を脱いで調べても小石は入っていません。靴下を縫いでも小石は入っていません。
しばらく考えていると なんとミズノの刺繍の裏側が以上に硬くて それが皮膚に当たり食い込んでいたのです。

考えた挙句 タオルを切り裂いて刺繍と足の皮膚の間に当てたら かなりましになりました。
このまま引き返そうかと思いましたが しばらくゆっくりと歩いていたらなんとか歩けそうなので そのまま歩き続けました。

後で気がつきましたが 刺繍部分をカッターで切り取ればよかったんですねえ。
※この写真は帰宅後 靴下を洗濯した後の写真です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笙の窟から大普賢岳を越えて更に奥駈を歩き 小の窟から3時間程で伯母谷覗きになんとか到着しました。
この断崖絶壁のビューポイントからは 伯母谷が一望に見下ろせて、大普賢岳、小普賢岳が一望できるので
有名ポイントです。今日の目的はここで 大普賢を見ながらコーヒーを入れて飲むことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
靴下のその後
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰宅後 大阪南港のミズノに電話して文句を言うと その靴下を送ってくれと言うので送りました。
その後ミズノから電話があり

「この靴下は ミズノが外注下請けに作らせたもので、ミズノの製品ではないので その下請けに
文句を言ってくれ。ミズノは知らんけんね。」

「足が痛いというのは、個人の感じ方の問題なので あんたの足がおかしいのだろう。
私が履いても痛くないよ」

と全く相手にしてくれません。この時代、製造者責任もヘッタクレも無く ミズノという刺繍まで入れて
高いお金で売りながら、「ワシャ知らんけん」とか 「お前の足がおかしいのだろう」と言うのが
ミズノの言い分です。開いた口がふさがりませんでした。

ヨーシ もうミズノの製品は二度と買わないぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
考えてみたら この考え方は日本人の考え方ではないですよねえ。
私は海外や日本国内で ずる賢い民族を相手に仕事をしてきました。

ミズノの言い分は あの朝鮮半島のトレクスタの言い分と通じるものがあります。
恐らくミズノの社長や企業体質は 日本人のものではありませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭にきた私は 靴下を捨てようと思いましたが そうすればあのずる賢い悪徳商法のミズノの思う壺なので
もう少し履いて ミズノ製品を調べてみようと思いました。

そのままでは痛くて履けないので 木槌で少し叩いて なめしたら何とか履けるようになりました。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テレビ番組「グレートトラバース」で田中陽希さんが金剛山へのルートとして走りぬけた道、「和歌山県橋本市杉尾の
明王寺の635段の石段を駈け登り、ダイトレへ出てそれを東へ進み金剛山へ」と言うコースをそのまま8時間かけて
往復歩きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰宅して靴下を脱ぐと ご覧のとおり、アナが開いていました。
傲慢で 詐欺商法のミズノのスポーツ靴下は 高い上にご覧のように 足が痛いわ、アナが開くわの
素晴らしい 粗悪品でした。高い買い物をしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品の登山用品はダメです。命にかかわる事があります。

トレクスタの登山靴やミズノの靴下を履いて 山歩きをしたら とんでもなく危険な事が起きます。

私の雪山のホームグランドは鳥取県米子市の大山です。

大山は標高1750メートルですが、日本海に面していて豪雪地帯で 雪の多い年は山頂避難小屋の二階建て建物が
すっぽりと雪に埋るほど 8メートル以上積もる事もあります。6合目の避難小屋は ほとんど毎年雪に埋もれます。

そして一旦天気が荒れると ブリザードとガスのホワイトアウトでたちまち地獄と化します。

毎年何人かの方が遭難されます。私の知っている千回登山経験者の地元の方でも 私の知るお二人が亡くなられました。
冬の大山は いったん牙をむくと恐ろしい死の山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大山の様な 豪雪地帯の雪山で 一旦ブリザードに会うと氷点下20度以下になるのは普通にあります。

そんな極寒の環境で何処で 登山靴や靴下を脱げるでしょうか。しかも 登山道を一歩でも外れると
頭の先まで すっぽりと雪に埋るような場所で。

特に大山では 山頂付近は大山伽羅木の原生林に覆われて 木道を歩くようになっています。
積雪すると木道と原生林との境が見分けられなくなり、ボランティアの方が木道の端にポールを建てて
目印にしてくれますが、ブリザードや ホワイトアウトになると もう見分けられません。

木道を踏み外して キャラボクの原生林へ転落すると 生きて這い出るのは ほとんど不可能です。 

そんな状況で 痛む足を引きずりながら ホワイトアウトの中をまともに歩いていけるはずがありません。
登山道探しに神経を集中できず まず遭難するでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バッタモン靴下のミズノや 朝鮮半島の粗悪品登山靴のトレクスタで歩けなくなると たちまち死と直結します。
わたしはもう少し生きたいので 山歩きでトレクスタやミズノの悪徳商法の粗悪品は 使いません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホームへはここから戻れます
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の明神平から明神岳へ スノーシューで快適に歩く やはり山用品は本物に限る 悪徳ミズノや低品質トレクスタではあかんわ

2017-02-26 22:36:44 | 山歩きと山用品

雪の明神平から明神岳へ スノーシューで快適に歩く やはり山用品は本物に限る 悪徳ミズノや低品質トレクスタではあかんわ
ミズノとトレクスタの粗悪な山用品
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年2月19日 雪の明神平から 明神岳へ明神平までは10本爪クランボンで。
明神平から明神岳往復は アトラスのスノーシューで快適に往復しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明神平から三塚分岐へ向う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雪は深いが表面は硬く凍っていて とても歩きやすい。しかし10本爪のクランボンでは時々
とんでもなく深く足がめり込み抜け出るのに苦労するほどだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

せっかくスノーシューを履いているのだから あえて白い森の中、足跡の無いところを歩く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明神岳からは 台高縦走路の池木屋山まで見通せる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

去年暮れに歩いた 世界文化遺産大峯奥駈道の大普賢とその右に大峯山。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日使用した冬山最強の組み合わせ。
ナンバーの足底サポート靴下、モンベルの冬用靴下、日本人向けに作られたイタリアのシリオ登山靴GTX、
エバーニューの10本爪クランボン、アトラスのスノーシュー。それとピッケルとゴアテックスジャケット
アンドパンツの組み合わせが最強だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下請けにミズノの名前で粗悪品の山靴下を作らせて ぼろもうけする悪徳ミズノには こんな真似はできないだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国で ワケのわからん外注工場に 粗悪品登山靴を作らせて日本に持ち込み ぼろもうけする
朝鮮半島の「トレクスタ」。登山靴のノウハウも製造技術や経験も無いまま ゴアテックスを使いながら
粗悪品を作りつづけるトレクスタ。そのトレクスタの靴を履いて冬山へ行けば 凍傷で足を失うだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品を売り続けて 暴利を貪る大阪南港の悪徳ミズノや朝鮮半島のトレクスタよ、
もっとまともな登山用品をつくってみいや。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つづく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.やはり「トレクスタ」 Treksta は粗悪品だった 樹氷の三峰山で実感 2017年1月26日

2017-01-31 12:08:34 | 粗悪な登山靴 トレクスタ

2.やはり「トレクスタ」 Treksta は粗悪品だった 樹氷の三峰山で実感 2017年1月26日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トレクスタ Treksta の靴を履いて山歩きをして またもや痛い目に会いました。
やはりこの靴は 技術的なノウハウの全く無い 韓国メーカーが中国で作った粗悪品を日本に持ち込み
ぼろもうけしている 商品でした。

やっぱりあの国の人はあかんわ。
仏像を盗んだり、竹島を勝手に李承晩ラインで突然囲い込み この島は昔から朝鮮のものだ
と宣言したり 泥棒民族のすることは ものづくりも日本の物まねで 全然商品になっていない
と言うのが よく分かりました。

去年夏の越後駒ケ岳で 新品のトレクスタを履いて 痛くて歩かれなくなったのに引き続いて
雪山で歩けなくなるところでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂付近の「御嶽山ビューポイント」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんと伊勢湾の向こうの渥美半島の先に 真っ白な富士山が見えました。直線250キロです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰山山頂標識です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八丁平に周ってから下山しましたが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山中 アイゼンの締め付けゴムのクロス部分が 足の甲を痛めつけてきます。
靴とアイゼンの間にハンカチを差し込んで我慢しながら下山しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

左足が 不具合の靴です。
もちろんこの靴は本格的な冬山登山靴ではありません。
単なるトレッキングシューズです。

しかし今まで 履いて来た「ブルックス」「ニューバランス」「モンベル」などの
トレッキングシューズにこの10本爪のアイゼンを履いてあちこちの山を歩きましたが
なんの 不都合もありませんでした。

やっぱりあかんわ、朝鮮半島の人間のやることは。

靴としての製造ノウハウも無いくせに ゴアテックスなぞという 流行の素材を使いながら粗悪品を製造して日本に持ち込み
金儲けしてやがる、とんでもない会社だ。

第一あの越後駒ケ岳で 新品のトレクスタを履いて 痛くて歩けなくなったのに
「そんなモン知らんけんね」と逃げて 謝罪一ついわないもんなあ。

やはりあの国の人は 人間としてなってないわ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やはり トレクスタの靴は 粗悪な作りだった。
朝鮮半島の靴と知っていたら最初から買わないのに。

ずるいやつらだなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1.低品質の登山靴「トレクスタ」 Treksta ゴアテックスを使いながら縫製技術の未熟さゆえ低品質な登山靴を日本に持ち込む悪どい会社

2017-01-03 22:28:34 | 粗悪な登山靴 トレクスタ
1. ゴアテックスという高級素材を使いながら 縫製技術の未熟さゆえ中国大陸で作った低品質な登山靴を
  日本に持ち込んで儲ける悪どい商法の韓国の会社 「トレクスタ」Treksta

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トレクスタTrekstaという登山靴を買いました。ゴアテックス使用の靴でありながら
1万円ちょっと という低価格に引かれたのです。

履いてみるとなかなか幅広で履き心地も良く気に入って 予備の靴も同じメーカーの
「トレクスタ」を買いました。

山旅に出ると 1週間から2週間、長いときで1ヶ月くらい山歩きを続けます。
予備の靴は必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下に紹介する山歩きが登山靴トレクスタのトラブルが発生した山歩きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年8月6日の越後駒ケ岳です。
非常にロングで アップダウンのきつい タフなコースでした。
実際に歩いたGPSの記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタートは6時40分、帰着は16時40分、お昼ご飯休憩は30分。
累積標高差1400m、歩行距離は16.3キロでした。ちなみに白馬岳を蓮華温泉から往復すると標高差は1400m、距離は20キロです。
越後駒も 標高2000mのそんなに高くない山でしたが、私の登った山々の標高差の中では 鳳凰三山の1700m
北岳の 1700m、に次ぐハードな山でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタート地点の枝折峠です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタートしてしばらく歩くと見えてきた越後駒ケ岳の堂々たる山容です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駒の小屋を右手に見ながら最後の急登です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒ケ岳山頂から中の岳をみたところです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰路の小倉山付近で どうにも足が痛くて歩けなくなりました。鋭い異物が左足の小指を圧迫して
どうにも痛くてたまらなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
靴を脱いで調べると 異物が靴の中にはいっていたわけではありませんでした。
靴の内側の中に何か硬く尖っているものがあります。どうしようかと悩んでいると
山頂付近で一緒に歩いたアメリカ人の二人連れが降りてきました。

どうしたのかと聞くので 事情を説明すると 二人で靴の中に手を入れてなにやら早口で議論していました。
そしてこちらを向いて「これは靴の本体の中の繊維かシートがよじれて尖った形を作っている。
カッターで切り裂いて見て よじれを取らないとどうしようもないよ」と言うので

「私も先ほどからそういうふうに思っていた」とカッターナイフを取り出して切り裂くと
嘘のように とがった捩れはなくなりました。もちろん何も中から出てきません。
最初から異物があれば 試着時や歩き出し時に すぐ分かるはずです。

とにかく 靴を切り裂こうが 歩けるようにしないと 下山できません。
しかも新品の靴です。まだまだゴールは遠いのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカ人たちはとても足が長く、歩くのが早いのです。途中まで一緒に歩きましたが
とても付いていけず 先に言ってもらいました。歩き始めは私より1時間20分も遅い午前8時だそうです。
横浜から早朝車で来て、下山後すぐに横浜へ帰るそうです。

「このトレイルは ロングでタフで アップダウンが多いけど とてもビューティフルで感動的なトレイルだ」
と言っていました。休日に 日本の山々を歩き回っているそうです。

小高い場所で 振り返ってなにやら二人で大きくうなづいていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がそのポイントへ着くと この景色を見ていたのです。山頂があんなに遠くなっています。
「良くあんな遠くの高い場所に言って来たなあ」とでも言っていたのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この靴は 最初に購入して履き続けている靴です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山途中で歩けなくなるくらい、靴の内部に異物が出来て痛いので カッターで切り裂いたのですが
帰宅して 靴を購入した「スポーツオーソリティー光明池店」に持って行きました。

「スポーツオーソリティーは靴を販売しただけなので、メーカーに送りメーカーの対応をお伝えします」
と言うことで 靴をメーカーに送ったのですが、途中でスポーツオーソリティから電話連絡があり
「靴が切られていて原因を突き止めることは出来ないので 責任は取りかねます。
異物がある状態で 持ってきていただけたら調べようがあったのに」ということでした。

往復10時間も歩くのに 予備の靴を持っていく馬鹿がどこにいるのだ。

つまり 造ったほうも売った方も 「ワシャ知らんけんね」ということです。

何でも「トレクスタ」Treksta と言うのは韓国メーカーだという。

私は仕事柄 朝鮮半島の人や中国大陸の人と沢山接して来ました。あの人たちは 絶対に
謝ることをしない民族だということは、イヤと言うほど知らされています。

数年前の毒入り冷凍餃子事件のときの中国人の対応を覚えている人も多いでしょう。
絶対に謝らないのが 彼らです。

朝鮮半島の会社が中国で作らせた靴という、最悪のパターンになりました。

そうとは知らずに安いから飛びついた私が悪かったのです。
もう二度と「トレクスタ」 Treksta は買わないし、スポーツオーソリティー
でも二度と買わないぞ。朝鮮も支那もこりごりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界で1,2を争う「ずるがしこい民族」相手にグチャグチャ言うても時間の無駄なので
その切り裂いた靴を コムボックス光明池店の「靴の修理ショップ」へもって行くと
いとも簡単に修理してくれました。内側には強度のある薄いシートをエッジを丸く削り
貼り付けて、外側は強力接着剤でかためてくれました。500円でした。何回か山を歩いてみましたが
普通に歩けて 今のところだいじょうぶでした。

しかし何回も歩いていると やはり修理した部分に何か 違和感を感じるようになりました。
とても長距離は無理と感じたので この靴を見るたびにむかつく事もあり、生ゴミで処分しました。

もう朝鮮半島のものや 支那人の作るものは こりごりです。
少々高くても 日本製のものを探します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初から朝鮮半島の会社の製品だと分かっていたら 絶対に買わないのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加