中国拳法(ちゅうごくけんぽう)ぶろぐ!Wu shu Kung fu 太極拳 八卦掌 戴氏心意拳

ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

速さを考える。太極拳 カンフー 推手 戴氏心意拳 八卦掌

2015年01月29日 | カンフー 戴氏心意拳 たいし 武術 武道
先日よりのテニスを見て反射神経の重要さを再確認した。

負けはしたもののテニスの錦織圭選手の試合大変良い試合でした。

テニスとは違った速さではあるが、武術にも速さが必要である。

戴氏心意拳や太極拳 中国武術は相手に触れている場所や現在の位置からの
反動のない速さが必要、太極拳に関してはさらに別の速さ 相手の
反応を遅らせる技術の速さこれを磨かねばと感じた。

引進の速度、引進する技術これが重要である。

そして発勁につながる。

テニスなどに置き換えても良いと思う。

ボールが来る。ボールにまずは追いつく。ボールを打つことが出来る。
ボールをコントロールできる。
恐らくはこういうプロセスで武術も成り立っている。

その一つ一つは血の滲むような練習で成り立っている、その練習で
速さと言う功も着いていく。

推手も遅いばかりではダメで速い推手もした方がいいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加