中国拳法(ちゅうごくけんぽう)ぶろぐ!Wu shu Kung fu 太極拳 八卦掌 戴氏心意拳

ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

負けると言う事に投資する。戴氏心意拳、八卦掌、太極拳

2014年06月27日 | 太極拳 推手 戴氏心意拳 八卦掌 推手倶
昔を思い出してみた。
強くなれたなーとか強くならなければと…、何となくおもった時期を思い出してみる。


好きな娘に告ったとき。

殴り合いの喧嘩した翌日。

身内が亡くなったとき。

童貞じゃなくなったとき。

守るものが出来たとき。


なんだろ…武術関係ないじゃん(^^;)関係なくはないんだろうけどね。
ある武術の先生は武術で友達を作りなさいと言っていますし。
心に大きな改革が訪れたときに人は色々な事を受け止めることができるようになるのではないかな。

そうそう、サッカーの内田篤人選手も引退はいろいろ考えたんだろうな、引退すんのかな~
うちの嫁の旧姓だから少し気になるわ。

じゃあ我々の武術の役目は

心の器を強くする。
身体ですね、身体を強くすると自ずと心も強くなる?
昔から言われていることです。

恐怖からの脱出。
擬似的に戦闘状態を作り出し、緊急事態でも身体が動くようにする。

脅威を恐れるな、と何処かの老師がおっしゃっていました。

私がよく言われたのは”散打は肝を鍛えるためにやる”これだと思う。
実際、このころの散打は目突き、金的なんでもありだった…
でも意外と大丈夫だったけど、怪我人が出たのを見たことがない。

時には太極拳でも散打やった方がいいかな、勝ち負けじゃなくって心の練習のためにやろうか、やった分だけ強くなれると思うよ。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロが育つ団体  | トップ | 力がいらない太極拳推手は無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL