笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

オランダ海軍士官の勝海舟評価ー人と人との出会い

2017-09-16 17:26:24 | 日記
「艦長役の勝氏は、オランダ語をよく解し、性質も至って穏やかで、明朗で親切でもあったから、皆同氏に非常な信頼を寄せていた。それ故、どのような難問題でも、彼が入ってくれればオランダ人も納得した」(カッテンデーゲ「長崎海軍伝習所の日々」より)

著者のカッテンデーゲは幕府長崎海軍伝習所のオランダ海軍教官で勝氏とは勝海舟のことです。教官が勝海舟に非常に信頼を置いていたことが分かります。このカッテンデーゲとの出会いは勝海舟にとっても大きいものとなりました。カッテンデーゲはオランダに帰ると海軍大臣になり、幕府から派遣されてオランダ留学した榎本武揚は大臣になったカッテンデーゲに会うことになります。時代の節目で人と人との出会いは、人生の中で大きな意義を持つものです。
現代もまた、私たちは日常に様々な人々との出会いがありますが、その出会いが、その人の人生において大きな意義となるものが本人が気づかずうちにもあるものです。「あの時の出会いは、この時のためにあったのか」と思い出す日がるかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田松陰記念北千住がん哲学... | トップ | 山梨県南アルプス市で行われ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。