笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

勝海舟の妻・民子

2017-04-05 21:39:28 | 日記
「勝夫人は模範的な女性である。洗練された女性でしかも行届いた主婦である。それはご主人にとってありがたいことだ。ソロモン王が『価においてルビーにはるかにまさる』と言ったのは、このような女性のことにちがいない」(クララ・ホイットニー「勝海舟の嫁 クララの明治日記」より)

勝夫人とは勝海舟の妻・民子です。著者のクララ・ホイットニーの父親はアメリカから明治政府に招かれて来た商法学者で家族ともどもアメリカからやってきました。クララはのちに勝海舟の長崎の女性との間に産んだ梅太郎と結婚します。勝海舟の若いころは無役の御家人で貧乏生活で幕臣として軍艦奉行になったことは敵味方から命を狙われ、普通に考えれば、とても幸せな家庭生活にはならなかったでしょうが、民子は勝家をきりもりします。お金や地位や保身にとらわれず、勝海舟の行動に尽くした勝海舟の妻・民子でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千住宿からがん患者さんの分... | トップ | 被害者の生の声は本当に政治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。