笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

薬害エイズ被害者の声は、今も生きている

2017-03-15 22:25:17 | 日記
「私は、エイズ患者として死んで行く無念さと、国と血液製剤企業各社の非道さとを、ここに書き残しておきたいと思う」(草伏村生著「冬の銀河~エイズと闘うある血友病患者の訴え~」より)

これは薬害エイズ被害者の著書の言葉です。被害者はもうこの世にはいません。血友病の治療薬として使った血液製剤がHIVに汚染され、多くの血友病患者がHIV感染して、その多くはエイズを発症して亡くなりました。今はもう薬害エイズを知る人も少なくなってきましたが、20数年前当時、薬害エイズに出会った人々は、薬害エイズ被害者の生の声を胸に今も活動を続けています。亡くなられた薬害エイズ被害者の声は、今も生き続けているのです。残念ながら薬害エイズの後も薬害は繰り返し起きています。薬害問題を他人事ではなく、薬害被害者と共に私たちの生きる社会に起きている問題として当事者意識を持って、一人ひとりが行動していくことが大切です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我日本正に亡国とはなれりー... | トップ | 支援組織を創る難しさは、被... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。