笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

勝海舟の明治

2016-10-17 19:19:00 | 日記
「おれは御維新の時に、三十年の間は眼の玉を黒くして政府を監視すべしと約束したが、三十年と言ふも早いもので、モウ来年が三十年だよ。その三十年も過ぎれば、モーよいから、そろそろ世界の大舞台に立つ仕度しようと思ふよ」(勝海舟「氷川清話」より)
機を見る創造的な提言を明治政府に投げ続けた勝海舟。その視点は現在にも将来にも通じるものです。まさに今この時こそ勝海舟の視点が必要な時ではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は母の90歳の誕生日 | トップ | 老いても変わらぬ田中正造の姿勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。