笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

千住宿からがん患者さんの分かち合いの場をー吉田松陰記念北千住がん哲学外来

2017-04-04 18:29:25 | 日記
今日は4月30日に行われる吉田松陰記念北千住がん哲学外来開設記念講演会の準備のために足立区役所や会場となる北千住のシアター1010に足立ボランティアセンターに行ってきました。今回、足立区の後援もいただき案内チラシは公共施設に置かしてもらうことになりました。始めたばかりの団体にその団体の趣旨を説明して公共性と必要性を説明しなければなりません。足立区にも悩んでおられるがん患者さんがおり、落ち着いてゆっくりと分かち合える場が必要であると、一つ一つ丁寧に説明して回ります。少しでも地域の中で分かち合いの場が広がっていければと思っています。北千住は江戸時代には千住宿として栄え、東北や日光へ出発する最初の宿です。吉田松陰も長州藩を脱藩して東北へ向かった最初の宿が千住宿です。歴史を感じながら未来に向かって生きる力を養いましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人に功を立てさせる行いの... | トップ | 勝海舟の妻・民子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。