幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

本格芋焼酎、水だった… サッポロ、見本品を販売 ”表示に見本と印刷がなかった?”

2017-07-11 00:06:33 | 社会
http://www.asahi.com/articles/ASK7B5QMJK7BULFA02P.html 朝日新聞 2017年7月10日
 サッポロビールは10日、3月下旬に発売した本格芋焼酎「赤からり芋」(720ミリリットル、税抜き1200円)で、瓶に水の入った営業用の見本品を1本販売していたと発表した。同社は他にも十数本販売した可能性があるとして、確認を呼びかけている。

 サッポロによると、見本品は発売前の商談用につくられるもので、今回は48本を工場で製造。営業担当者が販売店を訪れた際に回収を忘れ、店がそのまま店頭に並べて販売した。瓶を開けた消費者から6月下旬に「中身が水のようだ」と連絡があり、発覚した。

 通常、見本品は外装ラベルのバーコードの位置に「見本品」と印刷されたシールを貼るが、販売されたものには貼っていなかった。48本のうち、残り18本の所在が分からず、販売した可能性があるという。

 「赤からり芋」は6月末までに約2万5千本を出荷した。見本品はバーコードの下にアルファベット5文字の製造番号が書かれていない。問い合わせはサッポロビールお客様センター(0120・207・800)へ。

感想
見本には、”見本”と表示されていなかったのでしょうか?
また、中身が水だと、実際のラベルの表示と不一致になります。

営業担当者が回収する場合、以下のことを行います。
1)何箱、持ち出しか。
2)終わった後、チェックシートで持ち出した数を担当者が記入し、責任者が確認する。

また、製造では以下のことを行います。
1)”見本”と表示する。
2)中身が水であれば、その旨を別のラベル(中身は水)を貼付しておく。

この両方が出来ていなかった可能性があります。
サッポロのような大手であっても、できていないのかな?と思いました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <獣医学部>既存大学、新設... | トップ | 「心の病」の労災認定、過去... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。