幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

金銭授受も「いじめ」一転認定 原発避難いじめで市教委 "第三者委員会と教育長の資質”

2017-02-14 00:00:25 | 社会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000038-asahi-soci朝日新聞デジタル 2/13(月)
 福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けて不登校になった問題で、横浜市の岡田優子教育長は13日、「金銭授受をいじめと認定できない」としたこれまでの発言を撤回し、金銭授受もいじめと認定すると発表した。

 岡田教育長は記者会見で「教育委員会としてお子様の気持ちをしっかりと受け止められなかったことに、あらためておわびしたいと思います。申し訳ありませんでした」と述べた。教育委員会として金銭授受をいじめと受け止め、再発防止に取り組むという。

 生徒側代理人によると、生徒は「賠償金あるだろ」などと言われ遊興費など約150万円を払っていた。

 この問題で市教委の第三者委員会は、小学2~4年の時期に一定のいじめがあったと認定。小学5年時に起きた金銭授受については「いじめから逃れるためだったと推察できる」と指摘し、いじめと認定できないと結論づけていた。

 こうした第三者委の報告に沿った岡田教育長の発言に、批判が集まっていた。

感想
教育長だけでなく、第三者委員会のメンバーの資質が問われているように思います。
金銭授受はいじめの結果の一つです。
誰が、お金を何もなくて渡すでしょうか?

第三者委員会のメンバーは公表されているのでしょうか?
構成するメンバーによって結論は変りますから。
天皇の退位の有識者会議が典型的な例です。
有識者というよりも偏った方、国民の声を反映しない方を選んだ意図的な第三者委員会のように思えてしまうのですが。

また、第三者委員会の答申を鵜呑みにしてしまって、批判があって初めて立場を変えるので、教育長として大丈夫かな?と思ってしまいます。

いじめがないと思いたい。そうしたい。
なぜなら自分たちの責任になるからでしょうか?
教育委員会は何のためにあるのか。
誰のためにあるのかをもう一度よく話し合う必要があるのではと思います。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心理学者がオススメする夫婦... | トップ | 愛知・一宮の中3男子自殺で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事