幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

「灘東⇒大理Ⅲの3兄弟を育てた母が明かす志望校に合格するために知っておきたい130のこと」 佐藤亮子著

2016-10-14 15:46:14 | 本の紹介
「子どもに勉強を好きになってもらうコツはありますか」
 ⇒子どもが勉強を嫌う理由は、その内容が理解できていいないからです。
「子どもとの会話が少なく、テストの結果など見せたがりません。どうすればよいでしょうか?」
 ⇒一番大きな理由は「私が怒らない」と決めたことだと思います。
  まずは、「テストの点数や通知表、模試の成績などを絶対に悪く言わない」ということを心がけてみてはいかがでしょうか。
  見せてくれないときは、「お母さんはあなたの人生に責任を持って付き合っていきたい。だから、テストの点数を見せて貰えない理由を教えて欲しい」と素直に言ったらいいと思います。
「幼少期には何から始めたらよいでしょうか」
 ⇒この時期は、日本語は耳から入ってきますから、最大の目的は、耳からきれいな日本語を入れることです。
  絵本を読む量ですが、私は「3歳までに1万冊」を一つの目安にしていました。1日10冊を積み重ねていくと、だいたい3歳までに1万冊の計算になります。他に、クラシックも加えて良いと思います。クラッシックと童謡を半々くらいでかけていたと思います。
「私には中学受験の経験がないので、子どもの受験が不安です」

感想;
兄弟3人を東大理Ⅲ(医学部)に合格させたことから、多くの質問を貰うようになったので、それに答えたのがこの本です。

3年間で1万冊の絵本。絵本を子どもに読み聞かせるのはとても良いとわかっていても、それができるかは別問題です。すごいなと思いました。

立花隆さんと佐藤勝さんの対談を本にしたのを読みました。
立花隆さんはその時点で約5万冊。佐藤優さんは1.5万冊を読まれたとのこと。
本を読むことは大切だと誰もが知っていますが、実際にそれができるかどうか。
あるいはそれを実践するかがキーなのでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治資金パーティー、白紙領... | トップ | 「石原氏は記憶にないと回答... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。