幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

大学新設の審査情報漏らす 文科省幹部、嶋貫氏の学長案 "問題の根っこは”

2017-02-24 02:42:28 | 社会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000006-asahi-soci朝日新聞デジタル 2/22(水)
 文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題で、仲介役の人事課OBが新設大学の学長に就任する案について、同省審議会が不適切だと判断しているとの内部情報を担当幹部が人事課職員に漏らしていたことがわかった。この幹部は次善の策として副学長などへの就任を模索したとされ、天下りの中心だったOBを何とか処遇しようとする文科省ぐるみの構図が改めて鮮明になった。

 同省が21日に公表した調査の中間報告で明らかになった。人事課職員が直接の担当ではないのに、この大学の設置審査に関する情報を入手していたことになる。文科省はこうした点を「設置審査の信頼性を大きく損なう」などと指摘。国家公務員法違反としている。

感想
文部省の高官がこのようなことをしていました。
子どもたちにどう教えるのでしょうか?

たぶん根っこにはもっと働きたい。高額な収入を得たいなのでしょう。
働くだけなら他でもあるでしょうが、自分の経験と知識が生かせない。
高額な再就職ができないなどがあるのでしょう。
65歳まで働くことを推奨しているのですから、公務員も給料を据え置き、肩書定年などの制度を充実して、天下りしなくてもそこそこの給与で働ける環境を用意しなければならないのかもしれません。

地上に出た葉っぱを採っても、根がある限りまた芽を出すように思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダメ男に引っかかる女子の特... | トップ | 削除された昭恵氏のあいさつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。