幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」岩井俊憲著 "人との交流が悩みの原点”

2017-05-11 01:40:00 | 本の紹介
アドラー心理学の理論
1)自分を主人公にする(自己決定性)
人間は、環境や過去の出来事の犠牲者ではなく自ら運命を創造する力がある
2)人間の行動には目的がある(目的論)
過去の原因ではなく、未来の目標を見据えている人間の行動には、その人特有の石を伴う目的がある。
3)人は心も体もたったひとつ(全体論)
人は心のなかが矛盾対立する生き物ではなく、一人ひとりかけがえのない、分割不能な存在である。
4)誰もが自分だけのメガネを通してものを見ている(認知論)
人間は、自分流の主観的な意味づけを通して物事を把握する。
5)すべての行動には相手役がいる(対人関係論)
人間のあらゆる行動は、相手役が存在する対人関係である。

ライフスタイル
1)自己概念;自己の現状についての信念
「私は○○である」
2)世界像;世界の現状についての信念
「世界(人生、人々、男性/女性、仲間など)は○○である」
3)自己理想;自己、世界の理想についての信念
「私は○○であるべきである」

ライフスタイルの分類
1)仕事のタスク
役割、義務、責任が問われる生産活動への取り組み
2)交友のタスク
身近な他者とのつき合い
3)愛のタスク
カップルを基本とし、親子も含めた家族の関係

勇気くじきの3つのパターン

1)高すぎるハードル
2)達成できていない部分の指摘
3)人格否定

ベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)
・決めつけ
・誇張
・見落とし
・過度の一般化
・誤った価値観

コモンセンス(共通感覚)へ導く3つの方法
1)証拠探し
2)その瞬間を捕らえる
3)ユースフル(建設的)発想

より良い人間関係を求める際の4つのガイドライン
1)尊敬;人それぞれに違いはあるが、人間の尊厳に関しては違いがないことを受け入れ、礼節をもって接する態度
2)信頼;常に相手の行動の背景にある善意を見つけようとし、根拠を求めず無条件に信じること
3)協力;目標に向けて仲間と合意できたら、共に問題解決の努力をすること
4)共感;相手の関心、考え方、感情や置かれている状況などに関心を持つこと

感情は3つに分類される
1)感覚的感情;五感の感覚によって生じる快・不快の意識状態
2)気分;爽快感や憂鬱といった身体の生理的機能との結びつきが強く、比較的持続する感情
3)情動;喜怒哀楽のように急激に生じる、比較的激しい一時的な感情。

自分自身を勇気づけるカギとなるもの
1)所属観;自分自身の居場所を持つこと
2)信頼感;周囲の人々に対する信頼。
3)貢献感;自分が世のため人のために役立っているという感覚。

他者を勇気づける法
1)ヨイ出しをする
2)加点主義でかかわる
3)プロセスを重視する
4)失敗を受け入れる
5)感謝を伝える

感想
いつでも帰れる居場所を持つことなのでしょうね。
そして、自分はいろいろ問題を抱えているかもしれないけど、これはこれで良いんだと認めてあげることなのでしょう。

気持ちの持ち方で、感情は大きく左右されます。
幸せになりたいなら、幸せな考え方をすることなのでしょう。

人は悩んでも解決しないことをあれこれ悩みます。
しかし、その悩みは当然解決するどころか、よけいに不安になり、自分で大きくした不安に押しつぶされます。
自分で大きくしているだけなのですが。
解決しないことに時間を無駄にして、今やるべきことを疎かにしています。
自分を信じて、自分がやりたいことを一つひとつやっていくことなのでしょう。
周りの目を気にせずに、天の目を気にしながら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気女性タレントが「性教育... | トップ | 「トヨタの片づけ」 OJTソリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。