幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

「どうせ生きるなら『バカ』がいい」村上和夫&宮島賢也共著 ”笑われる勇気”

2017-05-26 10:41:58 | 本の紹介
ジョン・レノン
人のいうことなんか気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう」
こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人がやりたいこともできずに死んでいくのだろう。

本当のあるがままの自分が「いまの考え方、生き方は苦しい」と教えてくれているのが「うつ病」の症状なのです。つまり、症状は身体からの愛のメッセージではないでしょうか。
自分が何かの病気になったときには、自分に素直な生き方にチャレンジし、自分らしい生き方を自分で選び直すチャンスなのではないでしょうか。
人間は本来、自分に素直に生きることで、自分も周りも満たすことができるのです。
そんな状態に戻るためには、「賢さ」や「利口さ」というものは、かえって邪魔となる存在かもしれませんね。

自分で自分の限界や可能性を決めてしまわずに、このままでいいのだろうかと思ったときは、思い切って自分を変えてみることが大切です。

持つべきものは「笑われる勇気」
 「笑われたくない」「恥をかきたくない」という行動の本質は、その行為そのものにあるのではなく、すべて「他者の評価」を基準にしてしまっているという点にあります。
いい悪い、恥ずかしくないという評価を外すと、自分との関係、他者の関係がとても穏やかなものになります。

「すごい」より「楽しい」を大切に

 生きていることそのものを楽しむためには、頭で考え、理性でどうにかするのではなく、もっと単純に人間としてバカになって感動し、楽しいことをすればいいのです。
 「自分が主語でない悩み」を捨てればかなりラクになる。
目に見えない自然の力によって生かされている自分を知る。

遺伝子のオン/オフは、その人の生き方、考え方が大きく影響していると考えられています。
思い込みでもいいので、「自分は大丈夫」「生きているだけで丸儲け」とバカになって信じてみてください。

自分が楽しいか、嬉しいかということを大事にして、そこから世の中を捉え直すのです。

生きていることそのものを楽しむためには、頭で考え、理性でどうにかするのではなく、もっと単純に人間としてバカになって感動し、楽しいことをすればいいのです。

感想
「泥鰌掬い」をしばらく習いました。
保木節保存協会の検定試験で、三段までいただきました。

泥鰌掬いでは、”笑ってもらってなんぼ”です。
人に笑ってもらって、楽しい気持ちになって貰えたらOKです。
泥鰌掬いを習うと同時に、笑われる体験をしました。
ふしぎなことに、失敗して笑われると、「儲けた!」と思うようになっていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鬱傾向」の9割が未診断 ... | トップ | <加計文書>松野文科相「再... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。